windows10スマホ→最大の課題

AndroidやiOSなど、他のモバイルOS用アプリの開発者らをWindows 10のネイティブ実行基盤である「UWP(Universal Windows Platform)」へと誘導する「Windows Bridge」の試みは、Android版の開発終了によって事実上フェードアウトしたと言える

【画像:Build 2015で発表された4つの「Windows Bridge」】

しかし、UWPアプリならびにWindowsストアを盛り上げたいというMicrosoftの動きは止まらない。その1つはクロスプラットフォーム開発環境「Xamarin」の買収であり、Microsoftの戦略の焦点は、「同一条件の中でいかにWindows 10のエコシステムが魅力的かを示し、アプリのWindowsストアへの登録を促すか」に集約しつつある

Windows Bridgeとは、2015年4月に開催されたMicrosoftの年次開発者会議「Build 2015」における目玉発表の1つで、既存のアプリをUWP上で動く形式に変換するツール群ならびに技術の総称だ。変換元となるアプリの環境によって「Windows Bridge for Android(Project Astoria)」「Windows Bridge for iOS(Project Islandwood)」「Windows Bridge for Classic Windows apps(Project Centennial)」「Windows Bridge for Web apps(Project Westminster)」の4つが用意されていた。

当初Windows Bridgeの目的は、Androidアプリ、iOSアプリ、Webアプリ、そしてWin32アプリまで、既存の幅広いアプリ開発環境をUWPへと導くための「橋渡し役」のようなものだった

特にWindows Bridge for AndroidとWindows Bridge for iOSの場合モバイルOSとして先行するAndroidとiOSの2つのプラットフォームのアプリ開発者に対して、「既存の(AndroidやiOS向けに開発した)アプリをそのままWindows 10で実行可能な形式に変換して、Windowsストアに登録できますよ」ということをアピールしていた

Windows Bridge for iOSについては既存のXcodeのソースコードをVisual Studioに読み込んで変換する作業が発生し、Windows Bridge for Androidよりハードルが高い。ただ、Windows Bridge for iOSはオープンソースとしてGitHubで公開されたことで注目を集め、「既存のiOSアプリを数分でUWPアプリに変換してみた」といったチャレンジも行われている

一方、プロジェクトが終了してしまったWindows Bridge for Androidは、AndroidのサブシステムをそのままWindows 10プラットフォーム上に構築してしまい、Androidのアプリ配布形式である「APK」ファイルを包含する形で、Windowsストアアプリの配信形式である「.appx」を作成し、あたかも「Windows 10上でAndroidアプリがそのまま動作」しているかのような試みだった

 実質的に、元となるAPKさえあれば、そのままWindowsストアに登録可能なアプリが作れてしまうという、アプリ開発者にとっては「最小限の手間でWindowsストアに登録もできますよ」というところがセールスポイントだったわけだ

ただ、Windows Bridge for Androidは開発の段階でARMベースのサブシステムしか用意されておらず、生成された「.appx」はWindows 10 Mobile上でのみ実行可能となっていたAndroidサブシステムはWindows 10 Mobileの公開バージョンであるBuild 10586以前には既に削除されたと言われており、プロジェクトが終了した現在においては試す手段がない

なお、これとは逆にWindows Bridge for Classic Windows apps(Project Centennial)は、Win32などのデスクトップアプリケーションのインストーラである「.msi」ファイルを「.appx」形式にコンバートする仕組みであり、現在の段階では同ツールを使って変換されたアプリはWindows 10 Mobileなどのデスクトップ以外のプラットフォームでは実行できない

つまり、Windows Bridge for Android、Windows Bridge for Classic Windows appsともに、Windowsプラットフォームを横断して実行可能なUWPアプリを生成するツールではない点に注意したい。

●まずはWindowsストアの存在感を高めることが重要

Windows Bridge for Androidのプロジェクトが頓挫し、同時にXamarinの買収でクロスプラットフォーム開発環境をMicrosoftとして強く推進していく方針となったのは冒頭でも紹介した通りだ

ただ、Windows Bridge for Android/iOSが「他のプラットフォーム開発者にUWPならびにWindowsストアに興味を持ってもらい、あわよくば既存アプリもストアにそのまま登録してもらう」ということを主眼に置いていたとするならば、Xamarinのようなクロスプラットフォーム開発環境は「最初から明確にWindows 10を開発ターゲットとして視野に入れること」が必要とされ、若干スタンスが異なっている。

しかし、開発者の間でもプラットフォームをまたいだアプリ開発にクロスプラットフォーム開発環境を活用することは多いMicrosoftがWindows 10をクロスプラットフォームの開発対象の1つとして価値があり、デベロッパーらに対してWindowsストアへのアプリ登録のメリットをきちんとアピールできるのであれば、将来的に間口を広げることにもつながるだろう

Microsoftは先日、「UWP porting guidance for Android and iOS developers」というガイドラインをまとめた資料を作成し、アプリ開発者向けに公開している。Android、iOS、Windows 10 Mobileそれぞれにおいて、ハードウェアそのものは似たようなものであっても、実際の動作やユーザーインタフェース、課金の仕組みがそれぞれ異なっているため、アプリ移植上の障害となることが多い

これはクロスプラットフォーム開発環境においても同様で、ある程度はツール側で吸収してくれるものの、最終的に最適化や変更は必要となる。そのため、項目ごとに分類したプラットフォーム間での差異を表形式として整理したのが上記のガイドラインであり、移植の目安となる。

Microsoftではこれを象形文字解読の礎となった「ロゼッタストーン」に例えているが、まずはWindows 10(Mobile)を知ってもらうための一歩と考えているのかもしれない

このように、クロスプラットフォーム開発環境推進と移植のためのガイドライン公開がWindowsストア拡充の一歩だとすれば、Microsoftが次に採るべきアクションは、やはりWindows 10ならではのメリットをきちんと訴えることだ

現在、MicrosoftはWindowsストアに主要アプリがそろいつつあることをアピールしているものの、お世辞にも質が伴っているとは言い難く、決して使いやすい状況にあるとは考えていない。特に新機能の面では、AndroidやiOSへ優先的に実装されることがほとんどで、Windowsストアに関しては放置気味のアプリもある

数もさることながら、まずは質の面での拡充を図り、着実にWindowsストアアプリを使うユーザーを積み上げて、アプリストアとしての存在感をアピールしていくしかないだろう。Windows 10そのもののユーザー数は決して少なくないので、この既存ユーザーの目をアプリストアに向かせることが優先事項だ

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USER2016.03.15
  images-3-48-150x150images

【関連する記事】