windows10→1年後の姿は?

 米Microsoftの年次開発者会議「Build 2016」が3月30日(米国時間)より米カリフォルニア州サンフランシスコで開催されている。事前レポートでも予告したように、Windows 10の次期大規模アップデートである「Redstone(RS1)」は名称が「Anniversary Update」となり、2016年夏の無償提供が発表された

【図解:Microsoftが注力する3つのテーマ】

このほか、Build 2016の発表内容は多岐にわたるが、まずはAnniversary UpdateとUWP(Universal Windows Platform)に話題を絞ってフォローしていこう。

●「Anniversary Update」で強化されるポイントは?

基調講演の冒頭では米Microsoft Windows&デバイス担当エグゼクティブバイスプレジデントのテリー・マイヤーソン氏が登壇し、Windows 10の現状について説明した。。こうした中、2015年11月公開の「November Update」に続く大型アップデートとして提供されるのがAnniversary Updateだ

2016年夏という以外の具体的な時期は示されていないが、現在のターゲットは6月以降が有力だと言われている7月末にはWindows 7/8.1からWindows 10への無償アップグレード期間が終了する予定のため、新機能のアピールも合わせて、この少し前にAnniversary Updateが提供されるのが自然と思われるからだ

以前にレポートしたように、新機能の代表例としては「Extensions for Edge」が挙げられるが、マイヤーソン氏は今回の講演でそれ以外にも目玉機能の幾つかを紹介している

1つ目は生体認証機能の「Windows Hello」だ。現在は実質的にWindowsへのサインイン動作のみに用いられているが、これが「アプリ」と「Edgeでのブラウザ認証」にまで拡張される。特に後者は、FIDO対応のWebサービスであればパスワード入力なしでサイトにアクセス可能となるため、使い勝手が大きく向上するとみられる

2つ目は手書き入力機能「Windows Ink」のさらなる強化だ。デモストレーションでは画面内に表示されるバーチャルな定規を使っての線引きだけでなく、PowerPoint等でのオブジェクトの並べ替え、地図アプリでの距離やルート設定など、さまざまな場面で活用できる様子が紹介されている

●少しずつ前進しているUWPアプリ環境

この他の機能拡張ポイントとしては、Xbox OneへのWindows 10アップデートでUWPアプリを本格活用する環境が整いつつあること、音声対応パーソナルアシスタント「Cortana」の機能が強化されて連携可能なアプリが増えたほか、スクリーンロック中でもバックグラウンド動作が可能な仕組みの提供など、やはり使い勝手が向上している

これら新機能の数々は、UWP向けに提供されるAPIで実現可能となっているため、実質的にユーザーや開発者を従来のアプリ開発環境からUWPへと誘導する狙いがあると考えられる。アプリストアの拡充はまだ途上にあるが、一方でSkypeやFacebookのアプリなどがUWP対応を表明しており、既存のストアアプリも機能強化が少しずつ進むなど、徐々にだが改善しつつある

●「bash」がWindows 10の標準装備に

UWP以外の話題では、なんと「bash」がAnniversary Updateで標準機能として追加されることが発表された。UNIX系ではおなじみのシェルであり、実際に便利なシェルスクリプトを組んだり、オープンソース系ソフトウェア(OSS)の開発で活用している例も多いだろう

OSSの世界では、LinuxやBSDを導入したWindowsマシンよりもOS Xで動くMacを活用する例が多いが、各種ツールのほか、OS Xの標準シェルであるbashの存在を少なからず選択の理由にしている人もいるだろう。その意味では、Microsoftが「OS Xを使うOSS開発者」をWindows 10で獲りに来ている可能性も少なからずあるのだろうか。

●Windows Bridgeを受け継ぐ「Desktop App Converter」

Build 2016では、UWPの可能性を切り開く3つの施策が発表された。

1つ目は「Desktop App Converter」だが、この説明をするには前回のBuild 2015までさかのぼる必要がある。MicrosoftはBuild 2015で「Windows Bridge」を大々的に発表した。これは、他のプラットフォーム向けにアプリを開発するデベロッパーらを、UWP(Windows 10)の世界へと誘導するための施策だ

ただし、既報のように、Windows Bridgeの試みは事実上頓挫し、2016年は既に「Bridge」と呼ばれる単語をセッションでも見つけることはできない。

4種類あるWindows Bridgeのうち、一般提供が開始された「Windows Bridge for Web apps(Project Westminster)」を除けば、「Windows Bridge for Android(Project Astoria)」は中止が発表され、「Windows Bridge for iOS(Project Islandwood)」はオープンソース化で事実上Microsoftのメインプロジェクトから外れている。

今回のBuild 2016では、残る「Windows Bridge for Classic Windows apps(Project Centennial)」のみがDesktop App Converterに名称を変え、未提供だったWindows Bridgeとしては唯一生き残った形だ

その詳細は後日フォローする予定だが、Desktop App ConverterはWin32/.NETをベースに開発されたアプリケーションの「.msi」ファイルを「.appx」形式のファイルに自動コンバートするツールだ。

「.appx」形式に変換することにより、Windowsストアでのアプリ配布やUWPのアプリで求められる「管理機能下での動作」が可能になるが、一方で内部的にはWin32/.NETコードを内包してUWPとは別のプロセスとして動作しているため、実行にあたっては「Win32サブシステム」が要求される

つまり厳密にはUWPではないため、Windows 10 MobileやXbox Oneなどの環境ではDesktop App Converterを通じて変換されたアプリは動作しない。将来的なUWP移行を見込んでの中間的なソリューションであり、徐々にWin32の依存を減らしていくのがMicrosoftの希望とみられる

●Visual Studioユーザーに「Xamarin」を無償提供

施策の2つ目は「Xamarin」だ。2016年2月にMicrosoftが買収を発表した製品だが、.NET+C#をベースにAndroid/iOS/Windowsなどでのクロスプラットフォーム開発環境を提供する。Windows Bridgeが外部プラットフォームから開発者を呼び寄せるのが狙いだったとすれば、Xamarinは既存のWindowsデベロッパーに他のプラットフォームへと進出する機会を提供する。

デモではWindows用のUWPアプリだけでなく、AndroidやiOSエミュレータも動かしてコード検証を行っている様子も紹介されており、こうした用途をカバーする。さらにVisual Studio利用者にはCommunity Editionも含めてXamarinの無償利用権が提供される点もポイントで、これまで有償でライセンスを購入する必要があったXamarinだが、買収効果が一番大きく現れた部分だ。

●全く新しい「HoloLens」向けアプリという可能性

ポイントの3つ目はAR対応ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」だ。従来のPCやスマートフォンなどとは全く異なる分野でデベロッパーらの可能性を試す仕組みであり、UWP活用の最も大きな市場となるかもしれない

こちらはBuild 2016の会期中に、開発キットの出荷が開始されたことが報告され、パッケージならびにその内容物の紹介が行われた。HoloLensの活用事例を模索するパートナーとして、新たに日本航空(JAL)が加わっており、その旨の発表は後日同社からも改めて行われるだろう

このほか、プレス関係者や一部のBuild 2016参加者には「HoloLens Academy(HA)」の名称でVisual Studio+Unityを活用したアプリ構築と、HoloLensを体験できるセッションが用意されており、実際に筆者も体験してみた。

この様子は写真公開禁止とされているため、直接記事で紹介することはできないのだが、幾つか使えそうな画像要素が入手できた段階であらためて記事にしたい。2015年にBuildやE3で体験済みの記者らの体験記と合わせてみると、解像感も向上してレスポンスや認識力も確実に上がっており、大きく進化したという話だった

特に面白かったのは、複数のユーザーを同時にサーバに接続しての共有と連携システムだ。本来であればHoloLensの装着者本人にしか認識できないオブジェクトが複数人で同時に確認可能であり、さらに相手を攻撃してそのフィードバックを体験できたりと、現実と仮想空間の中間で互いに協調して作業が行える

当面、公式にHoloLensが日本へ持ち込まれる予定はないようだが、もし機会があれば、ぜひ体験していただきたい。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

ITmedia PC USER2016.04.02

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】