VW →不正ソフトの仕組

独フォルクスワーゲン(VW)は21日、米国で販売したディーゼル車の一部で、排ガス規制の試験を突破するため不正なソフトウエアを使用していたことを認めた米当局は同日、他の自動車メーカーにも調査を拡大すると発表した

以下にディーゼルエンジンについて、また、米環境保護局(EPA)とカリフォルニア州の排ガス規制に対する不正を回避するためVWが使用したとされる不正ソフトウエア「無効化機能」についてまとめた

<ディーゼルエンジン>

ディーゼルエンジンは、ガソリンエンジンと比べて圧縮圧力が高く、燃料は点火プラグがなくても自然着火し燃費が良い。しかし、オイル、空気、燃料フィルター交換の回数が多くなる

<ディーゼル燃料>

石油製品の1つでガソリンと比べて精製度が低く、熱効率が高い価格もガソリンより安価だが、米国では現在ガソリン価格を上回っている。

<経済的なディーゼル車>

ディーゼル車はガソリン車よりも最大3割程度燃費が良いとされ、ハイブリッド車よりも経済的になり得る

<排気ガス>

ディーゼル燃料はガソリンよりも重く、黒煙を排出するため汚染度が高くなることがる。排出されるのは主に有害物質の窒素酸化物(NOX)であり、一酸化炭素や二酸化炭素(CO2)や炭化水素の排出量はガソリンよりも少ない

<汚染制御システム>

自動車メーカーにとって、NOXの排出をいかにコントロールするかが大きな課題であり、欧米の厳しい基準を満たすために排気ガスに尿素水を吹きかけてNOXを低減させるなどの汚染制御システムが採用されている

<VWの「無効化機能」>

VWの自動車に搭載された電子制御装置内の排ガス抑制を「無効化」する不正ソフトウエアは試験走行時にはEPAの定める排ガス規制に適合するように、また通常走行時にはエンジン性能を最大化するため排ガス低減装置の一部もしくは全部を無効化するように切り替わる

EPAによると、同ソフトはステアリング操作やスピード、エンジン持続時間や圧力などの要因を分析し試験走行なのかを「正確に」判断するという

参考 ロイター 2015.09.24

 

【関連する記事】