VW排ガス不正→幹部30人が関与?

フォルクスワーゲンの排ガス不正問題で、ドイツメディアは少なくとも30人の幹部社員が不正に関わっていたと報じた事実であれば、組織的関与の疑いが強まることになる
これは、有力雑誌「シュピーゲル」が、14日、第3者による内部調査の情報として伝えたもので、調査員の1人は、「数はさらに増える可能性がある」と話しているとしている
先週行われたアメリカの下院公聴会では、アメリカ法人の社長が、「不正は一部の技術者によるもの」として、幹部らの関与を否定していたが、報道が事実であれば、不正が組織的だった可能性が強まる
この報道について、フォルクスワーゲンは「根拠がない」と否定している

参考 フジテレビ系 FNN2015.10.15

【関連する記事】