VW、05~06年に決定か?→不正

ドイツ通信は28日、自動車大手フォルクスワーゲン(VW)がディーゼル車の排ガス浄化機能を不正に操作するソフトウエアの導入を2005年から06年ごろに決めていたと報じた米国市場での苦戦を打開しようと、ディーゼル車の販売拡大に会社の大きな期待がかけられていた時期だった
VWは米国で、問題のソフトを使い、検査時だけ排ガス浄化機能をフル稼働させ、規制を逃れていた。同通信によると、ソフト導入を決めたのはVW本社のエンジン開発部門米国での排ガス規制を正当にクリアする技術の開発は費用がかさむことから断念し、ソフトを使うことにした。この時のVW社長はベルント・ピシェッツリーダー氏。今回の不正発覚で引責辞任し、独検察から詐欺容疑で捜査を受けているウィンターコルン前社長の前任者にあたる
VW監査役会の幹部会は、30日に緊急会合を開催するが、内部調査の結果としてこれらの報告が提出されるという

参考 時事通信 2015.09.29

【関連する記事】