TPP発効→早くて来年

環太平洋連携協定(TPP)交渉の大筋合意を受け、12カ国は早期発効へ批准作業に入るそのスケジュールを左右するのは米政府と議会。6月に成立した大統領貿易促進権限(TPA)法に基づき、米議会の審議期間は短縮されるが、米国の批准は早くても2016年初めTPPの発効はそれ以降となる

参考 時事通信 2015.10.06

【関連する記事】