TPP合意→生活はどう変わるのか?

TPP(環太平洋経済連携協定)の閣僚会合は、延長に次ぐ延長を経て、日本時間5日夜、ようやく交渉参加12カ国が大筋合意しました
TPPの合意によって、われわれの生活がどのように変わるのか、取材しました。

主要な品目について、合意内容をまとめた。
まず、コメは関税のかからない輸入枠を設置した
アメリカに対して5万トン、そして、オーストラリアに対して0.6万トンというのは、新たに設けたわけだが、これを両国あわせておよそ8万トン近くまで拡大するというもの。
そして、肉は、牛肉・豚肉ともに、関税を大幅に引き下げた
牛肉は現在の38.5%を16年目までに9%にするというもの
豚肉は安いものに関しては1kgあたり482円だが、これを10年目に1kgあたり50円にしようというもの
そして、乳製品に関しては、関税の安い「TPP枠」が新しく設けられた。
これが、バターの場合だと、当初、3万9,341トンでスタートして、これを6年目以降に、4万5,891トンに拡大させていこうというもの
今回のTPP交渉で、われわれの食卓、買い物に大きな影響があるとみられる。
TPPがスタートすると、われわれは、スーパーや飲食店などで、どんな変化を感じるようになるのか。
食卓の主役の1つともいえる、
最近見かけることが多い、アメリカ産の熟成肉。
今後、こうした輸入肉は安くなり、人気に拍車がかかるとみられる
豚肉も低価格品の関税は、大幅に下がる見通し
ソーセージの原材料に使われることが多く、スーパーでは、ソーセージがお手頃価格になるかもしれない
買い物客は「お肉なんかは、安全なものを。なので、国産がやっぱりね。お安いものよりも、やっぱり安全が一番」と話した。
TPP、12カ国で世界最大の自由貿易圏が誕生することで、消費者にとっては、幅広い食品で値下がりが期待できるようになる
アメリカ産にモロッコ産、今もさまざまな国の水産物があるが、今後、TPPに関わる国々の水産物は、さらに増えるとみられる
影響は、海の幸へも及ぶ。
アジやサバ、マグロやサケ、スルメイカなども、TPPのスタート後、11年目から16年目までに、関税が撤廃される
買い物客は「魚は、ノルウェー産とか、いろいろ買ったりもしますけど」と話した。
今後、バターなどの乳製品に関しては、海外から、さまざまな種類が入ってくるということもあり、われわれ消費者にとって、値下がりが期待できるとみられる
バターと脱脂粉乳は、あわせて6年目に7万トンとするTPPの輸入枠が、新たに設けられたことで、安いニュージーランド産のバターを手にすることができるようになるとみられる
そして、チーズは種類によって安くなるものが出てくる
チェダー、ゴーダ、クリームチーズなどについては、段階的に、16年目に関税が撤廃されるが、モッツァレラやカマンベールなどについては、現在の関税を維持することとなった。
「チーズ&ワインサロン村瀬」で、現在取り扱っているチーズは、ヨーロッパ産が中心。
TPP圏内の国のチーズは、使っていないという。
村瀬健一オーナーは「今までは、ヨーロッパ一辺倒できたのが、やっぱりオーストラリア、ニュージーランドに、こんないいものがあるよということをお勧めできるというのは、すごくうれしいことですし」と話した
ワインは8年目までに関税を撤廃
チリ産のワインなど、現在も安くて人気の商品が、さらに安くなる可能性がある
村瀬オーナーは「当然、関税が安くなれば、ワインの仕入れは安くなりますよね。すると、当然、安く提供できるので、いいワインを安く提供できるということになりますね」と話した。

参考 フジテレビ系FNN 2015.10.06

【関連する記事】