SNSで昔の恋人検索したことがある6割も!

昔の恋人がふといま何をしているか、気になったことはありませんか? 未練があって思う人もいれば、全く興味本位でという人もいるようですが、一時でも恋愛関係にあった人ですから、やはり少しは気になるというのが本音では? SNSが普及し、ウェブでの人探しはとても簡単になってきました。縁を切ったはずの人でも、すぐに検索でつながることができちゃう世の中なんですね!

Facebookを活用した婚活アプリ「マッチアラーム」が20代、30代の独身男女1,208名に行なったアンケートによると、昔の恋人探しをしたことがある人は男女ともに6割を越えることが判明。ではどんな人が、どんな気持ちで検索をするのでしょう?

男女ともに全体の約64%が昔の恋人を検索していた!

まずは男女別・年代別に「SNSで昔の恋人を探したことあるか」を聞いてみましょう。男性は全体の64%が「ある」と回答。年代別に見ると、「25歳~29歳」が最も多く66.7%という結果に。これは結婚前に昔の恋人を思い出したり、婚活中にふと元カノの存在が気になったりしているからかもしれませんね。

30歳前後の女性は今の恋人に夢中!?

一方、女性も全体でみると64.5%と男性とほぼ変わらない数であることが判明。ただし年代別に見ると、男性が多かった30歳前後の年齢よりも「20歳~24歳」や「35歳~39歳」が多いことが明らかに結婚する人が多い30歳前後は昔の恋人よりも今の恋人に夢中で過去の恋愛を思い出している余裕などないのかも!?

検索理由は「今どうしているか気になったから」が大多数

では実際にどんな気持ちで検索をしているのでしょう。

昔の恋人をSNSで検索したことがあると答えた人に、その理由を尋ねてみました。すると、「今何をしているのか」「結婚しているのか」「元気か」が気になったからという人が多いことが明らかに。中には「未練があるから」という人もいましたがごく少数でした。

・「今どうしてるのか気になったから」(20代前半女性/30代前半男性ほか)
・「結婚しているのか気になったから」(20代半ば女性)
・「久しぶりに話したいから」(20代半ば女性)
・「元気にしているか気になったから」(20代後半女性)
・「忘れられないから」(30代前半女性)
・「変わっているかどうかを見てみたかったから」(30代前半女性)
・「少し未練があった」(30代半ば女性/30代前半男性)
・「何やってるか気になったから」(30代後半女性)
・「懐かしくなったから」(30代前半男性)
・「新しい恋人ができているか気になった」(30代半ば男性)

一方、検索したことがないという人の意見の中にはこんなものも!

・「昔の恋人に興味ない」(20代後半女性)
・「興味も未練もないので」(30代前半女性)
・「今を大事にしたいから」(30代前半女性)
・「見たくない情報まで見てしまうから」(20代後半女性)
・「引きずる気持ちがまた出てくるから」(30代前半男性)
・「探したところで何にもないから」(30代前半男性)
・「過去は過去で、昔の恋人の今を邪魔したくないから」(40代半ば男性)

見ない人の多くは「過去は過去」と終わった恋愛を振り返らない傾向があり、今を大事にしている人が多いようです。中には「また好きになったら困るから」という理由で意識的にセーブしている人もいるみたい。一度好きになった人をキレイに忘れるなんてなかなかできないってことですね!

目的は人それぞれでしたが、やはりSNSで昔の恋人を検索することは珍しいことではないようですね。そのあと連絡を取るかどうかは本人次第。連絡を取り合う時は、きちんと今の生活を考えてから行動しましょうね!

Suits-woman.jp2016.03.20

  45b66c5a169d448f827c318b8806b0e599b4c8d1d35ed570c13231606fbe2673-150x150(1)

【関連する記事】