MRJの部品量産→松阪市と協定

三菱重工業(MHI)は6月1日、同社の松阪工場における航空機生産事業展開に関して、松阪市と工場立地協定を締結したほか、松阪工場内での事業展開を計画している航空機部品生産協同組合との工場立地協定を締結したと発表した

これにより松阪工場を拠点に、民間航空機向け小物部品の一貫生産・供給を担う産業クラスターの展開と、次世代リージョナルジェット機「MRJ(Mitsubishi Regional Jet)」の尾翼量産に向けた枠組みが整うこととなると同社では説明している。また、同組合では、ボーイングの旅客機やMRJなどの民間航空機部品向け中小物部品の効率的かつフレキシブルな一貫生産体制を整備した「スマート・クラスター」の実現を目指すとしており、自動車産業の効率的な部品作りの手法なども取り入れることで、競争力を高め、2016年後半の本格稼働を目指すとしている

なお三菱重工では、松阪工場をMRJ量産拠点の1つとして位置づけており、水平・垂直尾翼の量産組立を2016年度より開始する予定MRJの初号機は2017年4~6月の納入を目指した取り組みを進めているという

参考 マイナビニュース 2015.06.02

【関連する記事】