MRJ→最終組み立て工場を公開

三菱重工業と三菱航空機は3月10日、これまで建設を進めていたMRJ(Mitsubishi Regional Jet)量産機の最終組立工場の内部を公開した。今後、生産のための機材を搬入して秋頃に稼働を開始予定。生産体制は当面月産1機、2021年には月産10機を目指す

【この記事に関する別の画像を見る】

公開された新工場では、胴体結合、全機結合、艤装作業を行なう「構造ライン」、全機艤装、機能試験を行なう「艤装ライン」を用意。工場内部には中央部分に壁の仕切りがあり、北側に「構造ライン」、南側に「艤装ライン」を配置した。飛島工場で生産したコンポーネントの組み立てやシート等の機材を装着して最終的な飛行機の機体に仕上げる工場となる

また、同工場の天井部分には一般に向けた展示施設を用意して、飛行機の仕組みや作り方などを紹介するとともに、航空機に興味をもってもらえるよう一般の人も工場見学できるようにする計画

報道関係者に向けた見学会では、三菱重工業 交通・輸送ドメイン MRJ事業部 工作部長 立岡寛之氏が「モノの流れを考えて作った工場になります。外周にモノを流す専用のエリアを作ったり、モノを取り付ける近くにストックエリアを用意して、モノの作り方に合わせたレイアウトを採用しました。狭い中で効率的に生産できる工場になったと思う」と、新工場の特徴を話した

■ MRJ最終組立工場

■ 胴体結合、全機結合、艤装作業を行なう「構造ライン」

■ 全機艤装、機能試験を行なう「艤装ライン」

【トラベル Watch,椿山和雄】

Impress Watch  2016.03.10

 images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】