mineoにドコモ回線を追加

格安スマートフォン(多機能携帯電話)「mineo(マイネオ)」やSIM事業を展開する、関西電力 <9503> グループのケイ・オプティコムは26日、「mineo」で9月よりNTTドコモ <9437> の回線を利用したサービスの提供を開始するとの発表を行ったケイ・オプティコムは仮想移動体サービス事業者(MVNO)として、14年6月にKDDI <9433> の回線を利用して全国サービスを開始今回のNTTドコモの回線を利用したサービスの開始により、大手キャリア2社いずれかの回線を選べるようになる。こうして複数の大手キャリアの回線を利用したサービスの提供は、国内初となる。今回のサービスはNTTドコモの顧客も乗り換えられる仕様となっており、ケイ・オプティコムとしてはこれにより顧客数の拡大をはかりたい考えだ

9月より開始されるNTTドコモの回線を使ったサービスの料金体系は現在検討中だが、契約した携帯電話会社以外で端末が使えないように制限をかける「SIMロック」の解除が5月に義務化されたことを受けて、今後は使い慣れた端末でのサービスを利用しようとする顧客が増えるとの予想もあることから、今回のNTTドコモの回線を利用したサービスの開始により、ケイ・オプティコムに一定数の顧客が流れることも十分考えられる

今回の発表に際してケイ・オプティコムは、「お客様がお使いのエリアでのつながりやすさやお持ちの端末により、最適な回線をお選びいただけるようになります。月額料金は、市場価格と同等の料金水準を予定しており、使いやすさはそのままに、お客様の選択肢を広げます」とのコメントを発表している。

こうしてKDDIの回線に加えてNTTドコモの回線も利用できるようになった今回のサービスだが、さらにケイ・オプティコムは、現在提供している家族間で余ったデータ容量を共有することができる「パケットシェア」機能も拡充し、KDDIの回線を利用している顧客とNTTドコモの回線を利用している顧客間で共有できるようにするとしている

そして同日、ケイ・プティコムは「mineo 」で7月より法人向けのサービスの提供も開始すると発表こちらでは毎月の1回線あたりのデータ容量として500MB、1GB、4GB、5GBの4種類を用意しており、月額料金はそれぞれ700円、850円、980円、1580円(すべて税抜き)となっている

SIMロック解除が義務化されたことで、今後ますますこうした「複数の大手キャリア回線を利用したサービス」が増えそうな気配だ。(編集担当:滝川幸平)

参考 Economic News 2015.06.06

【関連する記事】