MERSの韓国朴大統領→安心して韓国にきて

韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は中東呼吸器症候群(MERS)に対する観光客らの不安を払しょくするため、ソウルの東大門に出向いて韓国旅行の安全性をアピールした

朴大統領は自らワンピースなどを購入し、東大門にいた中国人観光客に「韓国政府は徹底したMERS対策を行っているから、帰国後は周囲の人に『安心して韓国に来て』と伝えてほしい」と呼びかけた

これに対し、中国のネットユーザーは以下のようなコメントを寄せている。

指導者の知能ってこの程度なのか…
大統領はキムチを食べ過ぎたようだ。意味が分からない

「セウォル号の件でも韓国政府の態度にはあきれたというのに」
韓国政府の対応を見ていると、韓国に行くことは進んで危険に飛び込むようなものだ

133人の隔離対象者が無断で抜け出したって聞いたけど?こっちを先に解決しろ!
「徹底した対策を取っても、徹底的な解決には至っていない。ワクチンは開発できたのか?感染者の隔離に漏れは?市民に対するMERSの危険性の告知は?」

「大統領がこんな発言したってそう簡単には行けないよ。大統領はこんな場所で時間を浪費するより、MERS終息に向けて力を注ぐべきだと思う。MERSが終息すれば自然と観光客は戻ってくるはずだ
「結局、中国人観光客の消費力を必要としているだけだろ?」
「韓国が安全だって信じられない」

参考 Record China 2015.06.15

 

【関連する記事】