MERS→韓国で今後も増える?

韓国で拡大している中東呼吸器症候群(MERS)コロナウイルスの感染の実態を調べていた世界保健機関(WHO)と韓国政府の合同調査団が13日、世宗で記者会見し、韓国での流行は大規模かつ複雑で、今後も感染者が増える可能性があると指摘した

合同調査団は「防疫措置はある程度効果を上げているが、感染終息には時間がかかる」とも述べた

韓国保健福祉省は13日、新たに12人の感染を確認。うち男性(70)は、中東から帰国した韓国最初の患者から2人を媒介した「4次感染」だったことが初めて確認された。

参考 毎日新聞 2015.06.13

【関連する記事】