JT→米たばこ大手の事業買収

日本たばこ産業(JT)は29日、米たばこ2位のレイノルズ・アメリカンとの間で、一部事業の買収で合意したと発表した買収額は約6000億円成長が見込まれる海外でM&A(合併・買収)による事業強化を図るとともに、日本市場でのシェア拡大を目指すのが狙いだ
買収するのは、レイノルズ社の有力たばこブランド「ナチュラル・アメリカン・スピリット」の米国以外での事業に関する商標権と、日本やドイツなどにある同ブランド商品の販売会社9社。買収は2016年3月末までに完了する予定。
ナチュラル・アメリカン・スピリットは1箱480円と高価格帯の商品で、日本での販売は米国外での販売数量の過半を占める

売上高は拡大しており、JTは海外の有力ブランドを品ぞろえに加え、日本での競争力強化につなげる方針

参考 時事ドットコム 2015.09.29

【関連する記事】