JKは圧倒的にihpone 好き→価格は同じ

東京・原宿の女子高生100人に、スマートフォンの利用についてアンケート調査を行ったところ、AndroidのユーザーをiPhoneユーザーが大きく上回ったことが、アプリマーケティング研究所の調べでわかった。

日本人が「iPhone好き」であることはよく知られているが、その人気を「JK」のパワーが後押ししているかのようだ

■iPhoneを使う理由、「ケースがかわいいから」

アプリマーケティング研究所によると、原宿の女子高生100人のうち、「iPhone」のユーザーは82人、「Android」のユーザーは18人だった。2015年5月21日付でインターネットに公開。「周りにAndroidを使っている子はいますか?」との質問にも、「周りもiPhone」との回答ばかりだったという。

iPhoneを使う理由は、「つかいやすい」「はやい」との声にまじり、「ケースがかわいいから」が最も多かった。AndroidよりもiPhone用のケースの種類のほうが豊富なので、「好みのものを見つけやすい」というのだ

女子高生のあいだでは、かつてガラケーにデコシールやストラップを付けた「デコ電」が流行った。スマホも、ファッションの一部として楽しみたいということらしい

一方、Androidユーザーに「どうしてAndroidを使っているのか」聞いていたところ、

変えられるならiPhoneがよい
「ドコモでまだ売ってなかったから」
「なんとなく」

など、「仕方なく使っている」というネガティブな理由が多かった。

どうやら、女子高生のあいだに、Androidを使っていると「からかわれる」「恥ずかしい」といった空気があるようなのだ

こんな結果にインターネットでは、

「カバーが豊富にあるのが理由ってのはわかる」
男性は実用性、女性はファッションで選ぶ!
女は周りと一緒じゃないと不安だとか、のけ者意識があったりするからだろうな
「周りに流されるのはよくないってよく言われてるけど、調和って大事だよ

と、女子高生に理解を示す声がある。

その半面、

「iPhoneである必要性がまったく感じられねーよ」
「要はブランド選びと一緒じゃん」
「カワイイからとかじゃないよ。正しくはよくわからないから有名なやつを選んでるだけ」
知り合いが『あたしのまわりにはiPhone持ちしかいないよ。それ以外使ってんのはおかしい』とか言ってた

との声もみられる。

なお調査によると、女子高生が一番使っている動画アプリは「YouTube」が80人と圧倒。YouTubeを音楽プレイヤー代わりに使っている女子高生が多かった。また、よく使っているソーシャルメディアは、1位がLINE、2位はTwitterだった

世界的にみると、米グーグルの基本ソフト(OS)「Android」を搭載したスマートフォンのシェアが圧倒。日本は唯一ともいえる「例外」であることで知られている。

調査会社のIDCジャパンによると、2014年のスマホ出荷台数は前年比12.4%減の2654万台。国内スマホ市場が本格的な立ち上がりを見せた2010年以降、初めてマイナス成長となったが、その中でiPhone(アップル、iOS)の出荷台数のシェアが58.7%を占め、その強さを示したソニーやシャープ、サムスンなどのAndroid勢は半数にも及ばなかった

ところが、米IDCのOS別の世界スマホ市場によると、2014年はiOSとAndroidによる寡占状態がさらに進み、両方のOSを合わせたシェアは前年より2.3ポイント増の96.3%。このうち、iOSのシェアは前年より0.3ポイント減の14.8%だったが、Androidは2.8ポイント増の81.5%を占めたのだ

日本人のiPhone好きの理由の一つには、価格があるとされる海外では、iPhoneは「高級品」で、Androidのほうが安く販売されているそれがシェアの拡大に寄与している半面、日本ではiPhoneもAndroidも同じくらいの価格で販売されている。女子高生にしてみれば、価格が変わらないのであれば、「みんなと同じ」ことや「おしゃれ」であることを優先するのは当然のことかもしれない

インターネットでも、

「カバーとかで選ぶ女子って機械に弱いから、どっちにしたって使いこなしてはいないだろ」
「どうせ自分にあった機種を調べる努力すらしないからな。みんなと同じがいいんじゃね

との指摘があるように、女子高生がスペックにこだわるというのも考えづらいようだ。

参考 J-CAT ニュース 2015.05.31

【関連する記事】