JAXA、火星衛星「フォブス」探査→22年

宇宙航空研究開発機構(JAXA(ジャクサ))は2022年に火星の衛星に向けて探査機を、開発中の新型ロケット「H3」で打ち上げる計画をまとめた

目指すのはフォボスで、火星の歴史や衛星の成り立ちを探るため、約10グラムの石や砂を採取し、打ち上げから約3年後に地球に持ち帰る計画だ火星の衛星への離着陸に成功すれば、世界初となる。JAXAによると、探査計画には東京大や北海道大、神戸大などの大学が参加する。

 火星にはフォボスとダイモスと呼ぶ衛星二つがあり、火星からの距離はフォボスの方がダイモスに比べて約3分の1と近い。このため、フォボスの表面には、太古の火星に隕石(いんせき)が衝突した際に飛び散った火星の石などがより多く堆積している可能性がある

参考 読売新聞 2016.01.04

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】