ISS電池→日本製に切り替え

国際宇宙ステーション(ISS)の主電源が全て日本製のリチウムイオン電池に切り替わることになり、宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2日、鹿児島県の種子島宇宙センターで、今年度打ち上げ予定の無人補給機「こうのとり」6号機に積み込む準備作業を報道陣に公開した

 ダウンロード

電池メーカー「GSユアサ」(京都市)が開発した新型電池は縦26センチ、横13センチ、幅5センチの大きさ。ISSを主導する米航空宇宙局(NASA)が、既存の海外製ニッケル水素電池が老朽化したため交換を決めた。

こうのとり6号機はこの新型電池を複数搭載したバッテリー(縦横約1メートル、幅48センチ、重さ197キロ)6個をISSに運ぶその後、JAXAは計18個のバッテリーを3回に分けて届ける予定だ交換が全て終わると、ISS全体の電力は1・5倍に増強される

こうのとり6号機が今秋までに打ち上げられれば、今夏から約4カ月間、ISSに滞在予定の大西卓哉宇宙飛行士がロボットアームを操作して回収し、船外活動でバッテリーを設置する可能性がある。【阿部周一】

毎日新聞2016.06.02

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】