iphonとxoeria Z4→ビジネスには?

ソフトバンクは、6月12日に「Xperia Z4」を発売する。他キャリアも6月中旬発売としているので、日程に大差なく発売されることだろう。群雄割拠が続くAndroid端末も各キャリアともに「フラッグシップはXperia」と決め打ちになってきた感もある

すでにさまざまな記事でiPhone6とXperia Z4が比較されているがビジネスマンには、ビジネスツールとしての性能や価値が優先するだろう。ここでは、その視点から両機種を比較してみたい

ビジネスで使用したい場合、なによりも連続通話時間、待ち受け時間が気になるところ高性能のガラケーは数日充電しなくても済むが、スマホではさすがにそうはいかない。出先でメールを閲覧して、時には書類のチェックや編集、さらに通話もとなれば、バッテリーが気になるのは間違いない

■バッテリー
▽iPhone6
連続通話時間:約14時間
バッテリー容量:非公開

□Xperia Z4
連続通話時間:約17時間
バッテリー容量:2930mAh

バッテリー容量については、iPhone6が不明のため比較はできない。気になるのは、Xperia Z4のバッテリー容量がXperia Z3よりも小さくなっていることだ。連続通話時間でもXperia Z3は約28時間だった。Z4はZ3よりもやや小型化していることが影響しているのだろうか。

■サイズ
▽iPhone6
本体サイズ:138.1×67×6.9mm
重さ:約129g
画面サイズ:4.7型

□Xperia Z4
本体サイズ:146×72.9×6.9mm
重さ:約144g
画面サイズ:5.2型

大きさはややXperia Z4の方が大きく、重さはサイズと同じくXperia Z4のほうがやや重い。その分、画面サイズは5.2型のXperia Z4に軍配が上がる。外出先でのメール確認だけならともかく、書類を確認したいといった場合、画面サイズの差は大きい

■Officeソフトの使い勝手は!?

Android端末、iOS端末のどちらも、多くのアプリ会社がOfficeと互換性があるアプリを提供している。その互換性はアプリに依存するのでXperiaとiPhoneのどちらが優れているとはいえないが、すでにMicrosoftがモバイル版のOfficeを提供しており、Wordはもちろん、Excelファイルの編集も可能だアプリの面では条件は同じだが、差があるとするとディスプレーサイズになる。やはり、大きい方が扱いやすいだろう

■その他
▽iPhone6

カメラ機能:背面800万画素 前面120万画素
画面解像度:1334×750ドット
ストレージ:16/64/128GB
メモリ:2GB
CPU:Apple A9

□XperiaZ4
カメラ機能:背面2070万画素 前面510万画素
画面解像度:1920×1080ドット
ストレージ:32GB
メモリ:3GB
CPU:2.0/1.5GHz Octa Core

 スペック的には、Xperia Z4の方がビジネスには使いやすいことが見てとれる。さすがに半年のペースでモデルチェンジを繰り返しているだけあり、Xperia Z3のマイナーチェンジ版と言えるXperia Z4はかなり成熟した機種だと考えることもできる

そして、一点付けくわえるならば、Xperiaシリーズはメインキャリア3社すべてにモデル提供しているが、キャリアごとに仕様を変更しているケースがある。iPhoneはどのキャリアでも変わりはない。その点を踏まえて機種を選べば、自分に最適な機種が見えてくるはずだ。

参考 dot 2015.06.08

 

【関連する記事】