H2Aロケット→「ひまわり9号」年内打ち上げ

三菱重工業は近く出荷するH2Aロケットの31号機を、生産拠点の飛島工場(愛知県飛島村)で報道陣に公開した。鹿児島県の種子島宇宙センターに納め、気象衛星「ひまわり9号」を載せて年内に打ち上げられる予定だ

公開したのは、長さ31メートルの1段部分と11メートルの2段部分。液体水素と液体酸素を燃料とし、衛星は地上250キロの高さで切り離す

打ち上げ責任者の二村幸基・技師長は「天候以外の理由で打ち上げが遅れない点で、H2Aは信頼度が高い」と強調次の主力ロケットH3にも触れ、「大幅な価格削減を達成したい」と述べた。(細見るい)

朝日新聞デジタル2016.06.02

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】