G7に強烈な不満→東・南シナ海の外相声明

広島で開かれた先進7カ国(G7)外相会合の声明に東・南シナ海問題が取り上げられたことに対し、中国外務省の陸慷報道局長は12日、「G7は海洋問題をあおり立て、地域の矛盾を引き起こすべきでない」として「強烈な不満」を表明した

陸局長は「中国は断固として領土主権と海洋権益を守る」と強調当事国同士の協議で問題を解決する従来の主張を繰り返し、フィリピンが申し立てた国際的な仲裁も受け入れない考えを改めて示したその上で、G7の議論は経済問題に焦点を当てるべきだと指摘し、メンバー国が「一切の無責任な言動をやめる」よう求めた

時事通信2016.04.12

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】