G7による中国の海洋進出けん制

中国メディアの新聞晨報は、15日にドイツ北部リューベックで行われたG7外相会合で、海洋進出を強める中国をけん制する宣言を採択したのは、日本が黒幕だとする記事を掲載した

新聞晨報は、「G7が海洋安全問題に関する宣言を発表したのはこれが初めてだ。新華社の調べによると、G7加盟国の中で日本がこの宣言を強く推し進めていて、多くの裏工作を行った」と指摘

その結果、共同文書には中国を念頭に「現状を変更し緊張を高める一方的な行動を懸念している。威嚇や強制、力による領土や海洋に関する権利を主張しようとするいかなる試みにも反対する」と明記されたが、この黒幕は日本だと主張した

この報道に対して中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。

G7の言うことなんて屁のかっぱ
「今のG7なんて笑い話にすぎず、小日本は完全無視でいい
「中国人は賢いから必ず解決策を見いだせる。主権の問題では少しも譲歩してはならない!

これは、南シナ海での埋め立てを加速させ、さらに大きくすべきということだな
国際社会の一連の反応は、わが国による埋め立ての正当性を証明している
国内の力を南シナ海に結集して基地建設を加速すべきだ

米国こそが真の黒幕だろ
「どうやら鬼子(日本人の蔑称)は焦っているようだな」
「やはり中国人は団結して日本製品をボイコットしないと」
「日本製品ボイコットは、日本旅行に行って買い物をしないことから始めるべき!」

参考 Record China  2015.04.19

 

【関連する記事】