Fin Techで「銀行離れ」→加速

米金融業界紙アメリカン・バンカーの「注目のFinTech企業トップ10」にも選ばれたデジタル・バンキング・ソリューション会社、Personeticsが、英国1000人の消費者動向から「銀行離れ傾向」を検証するレポートを発表した

回答者によるアンケート結果から、従来の銀行よりもFinTech(フィンテック)に代表されるオルタナティブ金融機関(AltFI)のサービスに満足している消費者の方が多いこと、約半数が銀行からAltFIへの乗り換えを検討していることなどが判明した

すべての満足度チェックでAltFIが5%から20%上回る

『バンキング・ディスインターミディエーション(銀行離れ)』というタイトルがつけられたこのレポートによると、AltFIサービス利用者は30%(そのうち口座所有者は5%)と、利用率では従来の銀行におよばないが消費者の商品選びに最も大きく影響する「サービスへの満足度」では銀行よりもAltFIが圧倒的に勝っている

銀行との関係に満足している回答者が29%であるのに対し、AltFI利用者の46%は「満足だ」と答えている「便利さ」については銀行利用者が51%、AltFI利用者は54%。「迅速さ」では銀行13%に対してAltFIが23%という結果に

そのほか「個人のニーズへの理解度」「目標に見合ったアドバイス」といった項目でも、AltFIが銀行を5%から10%前後引き離しているのに加え、「周囲にサービスの利用を推奨する」という項目では20%の大差が開いた

また銀行顧客の27%以上が「乗り換え」を検討中であると同時に、45%がAltFIへの移行に興味を示していることも明らかになっている

こうした流れを「氷山の一角」と受けとめているPersoneticsのデヴィッド・ソスナCEOは、AltFIが本格的に銀行の脅威になる日が訪れると見ている

今年1月にエストニアのP2P会社、トランスファーワイズが欧米およびアジア圏で9000人を対象に実施した大規模な調査では、AltFI利用者は32%、5年以内の利用開始を検討中の回答者は48%という結果だった。(FinTech online編集部)

ZUU online 2016.03.06
   images-3-48-150x150images-5-300x152

【関連する記事】