EU、北朝鮮での独自制裁検討

欧州連合(EU)は、国連安保理が対北朝鮮制裁決議を採択したことを受けて、追加の独自制裁を検討している主要貿易相手国である日韓両国への連帯を示す狙いがあるという。外交筋が明らかにした

ドイツ、フランス、スペイン、ポーランドは資産凍結の対象者リスト拡大に加え、資金や保険などの分野で追加措置を望んでいる

またドイツは北朝鮮大使の「外交以外」の活動について監視体制を改善することを望んでいる。ドイツは北朝鮮に大使館を置くEU7カ国の1つ

ただ、ドイツ、スウェーデンなどは北朝鮮との外交断絶には消極的で、北朝鮮に対するEUの影響力は限定的とみられている

ロイター 2016.03.04
  images (3)images

【関連する記事】