DJIの新型ドローン「ファントム3」→13万円

「ドローン」と呼ばれる小型の無人空撮機の世界最大手・DJI社が、21日、都内で最新機種の発表会見を開きました新製品の「PHANTOM3(ファントム3)」は最も安いもので13万円台三井住友海上の業務用保険付きですすでに世界で4万台、日本で4千台の先行予約が入っており、国内では5月中旬から店頭やネットで一般販売されます

2キロ先まで生動画を配信

 新製品は、4Kカメラ搭載の「プロフェッショナル」が17万5千円、フルハイビジョンカメラの「アドバンス」が13万9800円ですGPSの電波が届かない屋内でも、安定したホバリング(空中での静止)ができ、2キロ先まで動画をリアルタイムで配信可能。手元のスマートフォンで、映像を見ながら比較的簡単に操作できます

飛ばさず練習できる「シュミレーター機能」

 スマホの専用アプリには、フライトシュミレーター機能も実際に機体を飛ばす前に、アプリ内のシュミレーターで練習を積むことができますトータルの飛行時間や飛行ルートなどを記録できる「フライトログ」機能や、撮影したその場でショートムービーを編集し、ユーチューブなどに直接アップできる機能もついています

日本独自の保険制度

 万一の事故に備える「DJI専用賠償責任補償制度」も発表。三井住友海上火災保険と提携し、日本独自の保険制度を作りました。ファントム3を買ったユーザーには1年間の保険が無償で付きます

業務(趣味用途は除く)で空撮をする個人や会社がドローンで事故を起こしたときに、対人で最大1億円、対物で5千万円の保険金を支払います保険料はDJI社が負担し、1年後は希望するユーザーは個別の保険契約に切り替えられる予定です

東京海上火災も7月にドローンのユーザー向けの保険を発売する計画ですが、こちらは個々のユーザーではなくDJI社が一括して三井住友と契約する形になっています

DJI社、すでに世界で100万台

 DJI社は中国・深センに本拠を置く中国企業。これまでに累計100万台のドローンを出荷しています。これまでは「ファントム2」などが主力で、世界で毎月3万台、日本でも1千~2千台程度が売れており、空撮用ドローンの世界最大手メーカーとなっています

参考 Wath news  2015.04.21

【関連する記事】