Co2を貯留する新たな方法に成功

二酸化炭素(CO2)を火山玄武岩の土壌に注入して固体に変える実験プロジェクトが初めて成功したことが、9日に科学誌に掲載された研究論文で明らかになった気候変動につながる温室効果ガスを地下に貯留する有望な方法が示された

科学者らは排出炭素を地中に注入し、わずか数か月以内に同気体を固体に変えて貯留することができた。以前は、このプロセスに数百年、もしくは数千年かかると予想されていた

米科学誌サイエンス(Science)に掲載された研究論文によると、この実験は、2012年にアイスランドのヘトリスヘイジ(Hellisheidi)地熱発電所で開始された実験プロジェクトCarbfixの一環だという

科学者や技術者らは、CO2や他のガスを水と結合し、混合物を地下にポンプで注入した。 CO2が大気に漏れると地球温暖化の一因となってしまうため、CO2を安全に貯留する方法を開発するのが目的だ

自然の中では、玄武岩はCO2および水と接触すると化学反応を起こし、白亜質の白色鉱物となる。だが、その反応にどれくらい時間がかかるかについては分かっていなかった

以前の研究では、固形化には数千年を要する可能性があるとされていたが、ヘトリスヘイジの下の玄武岩で行われた実験では、注入されたCO2の95%が2年未満で固形化した

同研究論文の研究者らによると、玄武岩は世界の海底の大部分と、大陸の岩石の約10%を占めているという。【翻訳編集】 AFP=時事2016.06.10

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】