BMWも?→ガス不正拡大か?

ディーゼル排気ガスの不正問題は今までVWだけだったけれど、ここにきて「BMWも規制値を超えるNOxを排出する」という報道が出てきた

独オートビルド誌によればBMW X3をテストしたところ、欧州基準の11倍のNOxだったという。果たして排気ガス不正問題は拡大するのか?

BMWの件は、未だ詳細は分かっていないものの、仮に排気ガス試験モード以外で計測していたとすれば、高濃度のNOxが出てしまう可能性大。というのもディーゼル車に限らず排気ガス規制はテストモードで規制値に収まっていればOKとされているのであり、実走行の排出量は保証していないからだ

ガソリン車に乗っているなら、自分のクルマの排気管の内側を触って欲しい。おそらくベッタリとした黒い汚れが付くはずだ。この汚れ、テストモードでは出ないことになっている

アクセル全開で加速中の排気ガス成分を取って解析したら、規制値の100倍を超える数字が出ていることだろう

ディーゼル車の場合、気温が低いときに低負荷の状態が続くと触媒の温度低下のためNOxの還元能力に問題出てくる。ある自動車メーカーのディーゼルエンジン開発担当者に聞いてみたら「温度低下の時は規制対象になっていないアルデヒド系の物質か、NOxを出すことになります」。

ちなみにマツダのディーゼル車は甘酸っぱい臭いを出す。これはアルデヒド系なんだろう。臭いを嫌ったディーゼルだとNOxを出しているということ。

ガソリン車が高負荷領域で規制値を超えるのに対しディーゼル車は低負荷領域で規制値を超えてしまう。したがって計測したらNOxは出て当然なのだ

これをアウトとしたなら、排気ガス基準を根本的に変えなければならない。VWで問題となっているのは、法規で禁止されている「検査用の制御システム」を使っていたからであり、BMWが試験用の制御システムを使っていないとすれば出ても不思議じゃありません。

ガソリン車黒いススの発生を抑え難いのと同じくディーゼル車はどうしてもNOxを出してしまう。とはいえBMWも怪しい制御を行っているとすれば、不正問題はイッキに拡大することだろう

しかもBMWのディーゼルエンジン、日本にも少なからず台数が入ってきている。影響は大きい。

参考 オートックワン 2015.09.25

【関連する記事】