AV→出演拒否の女性勝訴

アダルトビデオへの出演を拒否した20代の女性が所属プロダクションから2400万円を超える違約金の支払いを求められていた裁判で、勝訴していたことが分かった東京地裁は本人の意思に反してのアダルトビデオ出演は許されず、違約金支払いの必要はない」と判断した

女性を支援した団体は、「アダルトビデオへの出演を強要されるケースが増えている」として注意を呼びかけている。

参考 日本テレビ系 NNN 2015.09.29

【関連する記事】