AIIBの韓国出資比率→5大株主になれない

韓国紙・韓国経済によると、今年末に発足する予定のアジアインフラ投資銀行(AIIB)の韓国の出資比率が3.74%に決まった。中国、インド、ロシア、ドイツなどに続く5~6番目の出資比率となり、「4番目」という従前の予想を下回った

20日からシンガポールで開かれたAIIB創立加盟国による上級交渉官会議で、各国の出資比率などが決定された出席者によると、中国の出資比率は25~30%、インドは10~15%になる見通し。ロシアを含むアジア諸国による出資が72~75%を占め、残りを域外国が出資する

また、AIIBの設立資本金は当初計画の500億ドルから1000億ドルに増額することで合意した。参加国が増えたことから、中国が経営安定のために資本金を増額することを提案したという。

このほか、出資比率の変更などの「重要議題」については、議決権の75%以上の賛成が必要という規定が検討されている中国が反対すれば可決は不可能なため、中国に事実上の拒否権を付与する規定と受け止められている

今回の会議について中国財政部は22日、「シンガポールの会議でAIIBの定款にあたる協定文の合意がなされた」と発表した。来月、北京で開かれる会議で署名式が行われる予定だ。

この報道に対し、韓国ネットユーザーからは様々なコメントが寄せられている。

米国に気を使って、実利を失った

「米中で揺れていた韓国が6番目になれたのは、中国もそこそこ気を使ってくれた結果。韓国も身の程を知れ」

「4番目って言ってなかった?」

中国に無視され、米国に嫌われ、サードも配置しなきゃならない。もう後戻りできない

「決定力不足の朴大統領。米国に気を使いすぎ」

「やるなら、ちゃんとやれ。米国に嫌われ、AIIBも失敗。両方とも失った

「首相の人選で任期の3年を費やした」

「日本の味方の米国になぜ気を使う?」

「既存のアジア開発銀行と何が違う?ロシアやドイツより下なのに、加入する理由があるか?脱退したほうがいい

「親中政策がうまくいっているとは思えない。済州島は中国人に売られ、経済の面では中国製に支配されている

「下手な外交で国際的に孤立。米国にとっては金づる。中国には裏切られた

政治や軍事では米国の植民地、経済や社会では日本の植民地。中国もこんな韓国の出資比率を増やしたいとは思わない」

日本と米国が仲良くなるきっかけを作ったのは、朴大統領

参考 FOCUS ASIA 2015.05.23

 

【関連する記事】