AIIB、早くも機能不全

 中国主導で昨年末に設立したアジアインフラ投資銀行(AIIB)が大誤算を重ねている参加国数の数を誇るが、実態は日米や欧州との協調融資に頼り、独自の資金調達は先が見えないという羊頭狗肉さらに習近平政権肝いりの別組織との内紛も生じかねない状況だ

AIIBには創設メンバーとして57カ国が参加したが、中国出身の金立群総裁は報道各社のインタビューでさらに30~40カ国が参加に関心を示していることを明らかにした。一部は打診レベルだとしながらも「多くの国が参加することになるだろう」と述べている

規模の上では、日本と米国が主導するアジア開発銀行(ADB)に加盟する67カ国・地域を超える可能性が高まったことを誇りたいようだが、まだ中身は伴っていない

大きな懸念材料である格付け問題は未解決だ。開発銀行は通常、融資資金を調達するために債券を発行するが、最大の出資国である中国の格付けが反映されるAIIBは、ADBのように「トリプルA」格を取得するのは困難で、当面、無格付けで債券を発行する方針とみられる

先行して中国とブラジル、ロシア、インド、南アフリカ共和国のBRICS5カ国が設立した「新開発銀行」も、債券発行で「トリプルA格」を取得したのは中国国内の2つの金融機関だけというお手盛りぶりだ

米格付け大手のムーディーズ・インベスターズ・サービスは今月に入って、中国の信用格付け見通しを引き下げている

金総裁はわれわれは既存の国際金融機関のコピーにはならない」と強調し、効率とスピードを重視した「革新的な」新組織を目指すとしているが、確かに開発銀行としてのハイリスクぶりは前例がない

融資資金を利率の高い借り入れで調達するにせよ、参加国からの出資金でまかなうにせよ限界がある。ADBや欧州復興開発銀行(EBRD)との協調融資で、先進国の助け舟を受けるしかないのが実情だ

組織運営でも中国のもくろみ違いが生じていると指摘するのは、『米中経済戦争 AIIB対TPP』(東洋経済新報社)の著書がある週刊東洋経済編集長代理の西村豪太氏

「欧州諸国が雪崩を打ってAIIBに参加したことは中国にとっては“うれしい誤算”うるさ型の先進国がメンバーとなったことでAIIBのステータスは上がったものの中国のペースで運営することには限界が出てしまった」と語る

 中国のための銀行だとの批判をかわすために体裁を取り繕ったところ身動きが取りづらくなっているというのだ

こうしたなか、AIIBと、中国が別に設置したファンド「シルクロード基金」のさや当てが生じかねないという。西村氏はこう分析する

「中国政府はストレートに国益を実現する投資はシルクロード基金に任せAIIBは国際協調路線の象徴とするという役割分担を考えているのではないか。ただ、AIIBは財政部、シルクロード基金は人民銀行が主導しており、両者は犬猿の仲きれいなすみ分けが可能かは流動的な要素が残る

習政権のメンツと野望にまみれた資金が世界を混乱させるのか

夕刊フジ2016.03.30

   images-3-48-150x150images

【関連する記事】