896市町村消滅の恐れ→「消滅可能性都市」

全国1800市区町村(政令市の行政区を含む)の49.8%にあたる896自治体で子供を産む人の大多数わ占める「20~39歳の女性人口」が2010年から2030年間の30年間で、なんと50%以上減るとのことです。

この896自治体を「消滅可能性都市」と位置づけるそうです。

参考 毎日新聞ニュース 2014.05.09

【関連する記事】