8割→政治に期待できない

今年の新成人の8割が「日本の政治に期待できない」と考えていることが、インターネット調査会社「マクロミル」(東京都)の調べで分かった。「日本の未来は暗い」と考える人も全体の6割以上を占め、昨年より1割増加。主な理由として、少子高齢化や景気の低迷などを不安視する意見が上がった。
調査は昨年12月、今年成人式を迎える人を対象に実施。インターネットを通じ、男女各250人から有効回答を得た。
その結果、日本の政治に「期待できない」「どちらかと言えば期待できない」と答えた人は合計81.4%で、昨年より5.6ポイント増加

日本の未来については、65.6%が「暗い」「どちらかと言えば暗い」と回答した。また、将来国民年金をもらえるか不安に感じている人は91%に上った。

参考 時事通信 2015.01.12

【関連する記事】