3Dファインメッシュ流路→新開発

トヨタ車体は、トヨタ自動車が12月15日に発売した燃料電池自動車(FCV)『MIRAI』用の燃料電池スタック基幹部品として、世界初となる超精密プレス加工部品を開発・生産開始した

今回開発したのは、燃料電池空気極側の流路を構成する「3Dファインメッシュ流路」と呼ばれる3次元的な微細格子構造を持つ部品。

トヨタ車体では1997年から燃料電池スタック基幹部品の開発に取り組み、トヨタが2007年に発表した『FCHV-adv』では溝状流路を有する空気極側の部品を生産してきた

今回MIRAIに採用された「3Dファインメッシュ流路」では、空気(酸素)の拡散性および排水性を向上させ、燃料電池スタックを構成するセル面内における均一な発電を実現

これにより発電効率が高まり、FCHV-advに比べて2.2倍の出力密度となる3.1kW/Lの達成に貢献した

3Dファインメッシュ流路の生産にはトヨタ車体独自の超精密・高速プレス加工技術を用いており、3次元的な微細格子構造の連続生産を実現している

また同社は、燃料電池スタック内の空気極側で空気と冷却水を分離する「セパレーター」も生産している

参考 2014.12.16

【関連する記事】