300万人感染しないと非常事態ではない

韓国・亜洲経済は中東呼吸器症候群(MERS)の感染者が拡大していることについて、韓国当局者が「300万人が感染して、初めて緊急事態である」という趣旨の発言をしたと報じた

現在のところ、MERSへの感染が確認されている患者は25人に増え、2人が死亡する事態となっている2次感染者と接触したことで発症した3次感染者も確認されており、韓国社会に懸念が広がっている

しかし、韓国国民安全処は、MERSの感染状況は深刻なレベルに至ってはおらず、国家の基準としては依然、“注意”の段階であるとの認識を示し、中央災難安全対策本部は設置しないとした国民安全処の担当者は、「H1N1亜型(インフルエンザ)のときも、患者が300万人に達して初めて安全対策本部を設置した」と語った

これを受け、中国のネットユーザーからは次のようなコメントが出ている。

MERSの致死率は40%近いんだぞ!300人が感染したら、ワクチンがあっても抑えるのが難しいのに
「じゃあ、300万人感染するまで見ていよう
こんなバカな政府見たことない

国民を捨てるとはこのこと。感染者の数字を基準にするなんて、なんて冷血で無能な政府なのか
韓国って国民のことを全然気にしてないんだな
「感染者を中国に入国させたのもわざとじゃないのか?」

韓国人の知能指数が証明された
「感染して死亡するのが善良な国民ではなく、韓国政府内の人であることを心から願う」
「私、中国人で良かった」

300万の命があって初めて命と扱われるのか?中国では一人でも命は命だけどな」
「だからあの感染した韓国人は中国に来たんだ。韓国にいては死ぬことが決まってるからな」
韓国、滅びるんじゃないの?

参考 Record China 2015.06.02

 

【関連する記事】