30代~40代に多いと言われている子宮筋腫

子宮筋腫という病名を聞いたことがありますか?ここでは、子宮筋腫とはどの様な病気か、その最新事情もあわせてみてみます

◆子宮筋腫とは?
子宮はそもそも、そのほとんどが筋肉でできた臓器です。骨盤内にありますが、膀胱と直腸の間にあり、太くて丈夫な靭帯で支えられています子宮は、外側から漿膜(しょうまく)という薄い膜、子宮筋層という筋肉でできた層、子宮内膜というビロードのような膜の、3層から出来ています
子宮筋腫とは、この子宮筋層の部分にできる良性の腫瘍です。腫瘍と聞くとがんではないか?と思うかもしれませんが、子宮筋腫は筋肉の一部がコブのような固まりになったもので、がんのようにどこかに転移したり、健康な他の細胞や組織を破壊することはありません。また、子宮筋腫が子宮がんになることもありません
問題になるのは、子宮筋腫の大きさや数により、生理の出血量が増えたり、尿が近くなるといった症状が現れた時です子宮筋腫は1つだけのこともありますが、多くの場合は2~3個、多い人では小さなものでも100個以上できることもあります

◆子宮筋腫は増えている?
子宮筋腫は女性特有の病気の中でも、最も患者数が多く、現在では30歳以上の女性の20~30%、40歳を超えると40~50%に子宮筋腫がある、といわれています
しかしここ数年、20歳代での子宮筋腫の患者さんも増えており、理由としては初経年齢が早まっていること、がん健診などを受ける人が増えたこと、若い頃から婦人科を受診する人が増えたことなどが、その理由ではないかともいわれています

◆子宮筋腫の最新事情あれこれ
子宮筋腫になる原因ははっきりしていませんが、人種による差があることが分かっています白人女性にくらべて黒人女性の方が2~3倍の発生頻度があります
また、肥満の人は子宮筋腫になりやすい傾向があり、動物性たんぱく質を多くとることが影響しているのではないかともいわれ、ハムを好んで食べる人は1.3倍、牛肉を好んで食べる人は1.7倍、子宮筋腫が多くみられるという報告があります。他にも、ビールが好きな人は子宮筋腫が増加し逆に喫煙者は発生の確立が低いのでは、という研究があります
子宮筋腫は女性ホルモンと関係しています一度できた子宮筋腫が自然に無くなることはありませんが、ある程度の大きさから変わらないこともありますし、逆に小さくなることもあります特に閉経後は大きくなることはなく、小さくなることが多いようです。また妊娠中は大きくなっても、産後に小さくなることもあります
子宮筋腫の治療法はいくつかありますが、状態によっては妊娠・出産も可能ですし、特に自覚症状が無い場合は、そのまま経過観察になることもよくあります。症状が強くて日常生活が辛い場合を除いては、あまり心配し過ぎず、うまく付き合っていけば良い病気でもあるのです

参考 Mocosuku編集部 2015.04.15

【関連する記事】