30万円の仕事ではなく3万を10個に

暮らし方のひとつとして「地方移住」が挙がるようになった。しかしそこで問題になのが、仕事だ。地方企業も、移住者に向けたさまざまな取り組みを行っている。

3700企業が利用する会員制転職サイトのビズリーチでは2014年度、地方企業の新規利用が前年度の3.46倍に増加した。地方企業による人材獲得競争は確実に激化しつつある。 一方で、首都圏で働く会員の69%が「やりがいがあれば地方勤務を前向きに検討する」と回答している

少子高齢化を迎え、課題山積の『課題先進地域』で経験を積むことが、個人のキャリアにとって有意義であるととらえ、チャンスがあれば動きたいと考える人は増えています」(執行役員の多田洋祐さん)

問題は、決断するための材料がまだまだ足りないこと仕事と暮らしは切っても切り離せない。自社だけでなく、地域のPRもできなければ、求職者が移住の決断に踏み切るのは難しい。

地域で暮らし、仕事を始めたい人の出会いの場として「地域仕掛け人市」を運営するNPO法人ETIC.(エティック)の長谷川奈月さんが教えてくれたのは、複数の仕事を掛け合わせる方法だ

たとえば企業の人事部で週2日働き、ほかに自分で企画するプログラム運営、行政委託の案件、コンサルティングというように月給30万円の仕事を見つけるのでなく、3万円の仕事を10個見つけるという働き方をする人も地方には多いという

コミュニティーで信頼関係ができると、「そのスキルがあるなら、これもやってくれない?」「実はこんな仕事があるんだけど」と、求人として表には出ていない仕事が見つかるからだ

自分を見てくれたうえで、仕事を頼んでくれる。好きな人とだけ仕事ができるわけではありませんが、自分で開拓して広げている感じや、人とのつながりに喜びを感じる人が多いようです」(長谷川さん)

そんな出会いのきっかけとなるのが、「地域仕掛け人市」。全国各地のNPOなどが
50団体集まり、求人や現地を訪ねるツアープログラムの情報などを提供する

「『地方にはおもしろい仕事がない、なんて言わせない』という熱い思いを持った人が集まります。仕事をやめずに体験できるプログラムもあります」(同)

キャリア世代だけでなく、新卒に向けた取り組みも始まった。人材サービスのインテリジェンスが8月24日に情報サイト「LO活(ロ ーカツ)」を開始したLocalと就活を掛け合わせた造語だ

「いい会社があれば地方でも、という学生は増えている一方で、地方就職に関する情報は集約されておらず、具体的な活動に移しにくい実態がありました」(インテリジェンス地方創生推進1部の柳沢恵美子さん)

求人情報の掲載はせず、地域との接点、企業との接点をつくることを重視していく。

新卒の場合、キャリアを積んでからの転職に比べて「田舎暮らしがしてみたい」など、動機がぼんやりしていることが多い。なぜ地方に行きたいのか、そこで何をしたいのか、目的意識を持つことが大切だと柳沢さんはアドバイスを送る

参考 AERA  2015年9月14日号より抜粋

 

【関連する記事】