2030年まで水素車80万台普及目標

日本政府は水素を使って走る燃料電池車(FCV)を2030年までに国内で計80万台普及させるという目標を立てたことが分かった

17日、朝日新聞によると、FCVを製造する自動車メーカーや水素を供給するエネルギー業界関係者などが参加する経済産業省の協議会がこのような目標を設定した。

現在、日本の水素燃料電池車は先月末基準で500台ほど普及している協議会はこれを2020年までに4万台、2025年までに20万台、2030年までに80万台に増やす目標を立てている。あわせて、水素ステーションを2025年までに現在の4倍となる約320カ所に広げる予定だと同紙は伝えた

一方、韓国政府は水素車の普及物量を2030年までに63万台まで拡大するという目標を掲げている。水素ステーションの設置も2030年までに520カ所を見込んでいる。

中央日報日本語版2016.03.17

  images-3-48-150x150images

【関連する記事】