2016年マイナンバー制度が実施されます

国民全員に番号をつける共通番号(マイナンバー)制度は、来年2016年から運用が始まります。
これにより、行政機関は各国民の収入、資産、納税、失業給付、年金、医療、生活保護など90以上の項目を番号一つで「名寄せ」できるようになります。

この制度は2013年5月、国会で、行政手続きにおける特定の個人を識別するための番号の利用にかんする法律が成立したものです。

参考
インターネットの光と影
著者 情報教育研究会(IEC)
発刊 株式会社 北大路書房

【関連する記事】