2016年に乗りたい!→注目の新型車

2015年を振り返ると「ホンダ・S660」「マツダ・ロードスター」といった運転が楽しいモデルはもちろん、新型「プリウス」などの注目モデルが数多く誕生しました

【この記事に関する関連する別の画像を見る】

それと比べると2016年に国産メーカーが発売するクルマの情報はなく、ひょっとしたら今年はハズレ年と思っていませんか?でも、ご安心を。

あくまで暫定的なものですが、2016年も注目を浴びること間違いなしのモデルが控えています。

スズキ・アルトワークス

すでに販売されていますが、新年一発目の注目車は「アルトワークス」です

「アルト」のフルモデルチェンジに合わせて発表された「ターボRS」が、かの“ワークス”の再来と考えられていましたが、昨年開催された東京モーターショーの会場にさりげなく“ワークス”のコンセプトモデルを展示して注目を集めました。

「いま、マニュアルに乗る」というキャッチのとおり、トランスミッションには5速MTを搭載。直3ターボエンジンはコンピューターにも手が加えられ、KYB製サスペンションやRECAROのセミバケットシートなど、より走りを追求した一台に仕立てたとのこと

それでいて、価格は150万9840円~とお手頃。限りなく現実的なスポーツカーとして要注目の一台です。

スズキ・イグニス

images (3)

同じくスズキからまもなく発売されると目されているのが「イグニス」です。東京モーターショーでもすでに市販版とも言えるモデルが展示されていました。

SUVルックなボディのサイズは3700×1660×1595mmと小柄。パワートレーンも1.2L 直3にマイルドハイブリッドシステムを組み合わせたものが搭載されるとのこと

トヨタ・86

2012年の発売から毎年進化してきた「86」に、今年マイナーチェンジをするのでは?という噂が……。

詳細は明かされていませんが、いまなおスポーツカーとしては最も売れ筋モデルなだけに、その進化がもたらす真価には注目を置かざるを得ません。

トヨタ・C-HR

ダウンロード (11)

東京モーターショーのトヨタブースのステージ上に、新型「プリウス」/「SF-R」と並んで展示されていたのが「C-HR」でした。

コンパクトSUVである「RAV4」の後継機と目されており、メカニズムなどは新型「プリウス」と共用が考えられています。スタイルや走りもさることながら、行動派に支持されるSUVというジャンルだからこそ、やはり燃費は気になるポイント。

ダウンロード (12)

 

「いったい、いつになったら発売されるのか?」と心待ちにしている方も多いであろう「NSX」。

すでにご存じの方も多いでしょうが、パワートレーンは直噴V型6気筒ツインターボエンジンを車体後部に配置し、前後輪にそれぞれモーターも置いたハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWDR」を搭載。

日本に先行して北米で発売され、価格は1840万円~2430万円。発売時期を気にしているとはいえ、実際に買えるかと聞かれたら……。

性能はもちろんですが、ここまで発売を待たせたモデルって一体どのようなものなのか?という興味が湧く一台です。

(今 総一郎)

参考 licccar  2016.01.18

EBTTjDcq4T2smF71445577871_14455789191 (1)

【関連する記事】