2015年はチャイナーシヨック

 中国の新車販売が減速感を増している。業界団体の中国汽車工業協会が発表した今年8月の新車販売台数は166万4500台、前年同月比3.0%減に低迷し、5カ月連続で前年水準を割り込んだ景気減速や国内株安による逆資産効果で、買い控えの動きが広がっているという

同協会によると、今年通年の販売がマイナスに落ち込む可能性もあるという。まだ断言はできないとしながらも、新車販売落ち込みに警戒感を示す。仮に今年通年の新車販売が前年実績を割り込んだ場合、中国で自動車市場が急成長した1990年代以降で初めてのマイナス成長に陥ることになる

images (8)

8月の販売台数のうち、乗用車は141万8500台で前年同月比3.4%減となり3カ月連続のマイナス。SUVは前年45.6%増の45万3200台と安定して売れているが、セダンやミニバンはSUVとのトレードオフで大きな減少となっている。商用車も0.6%減の24万6000台と低迷している

日系主要メーカーの中国での8月の新車販売実績にもバラツキがある。中国経済が停滞し、現地景気が低迷するといわれるなか、日系自動車メーカーで中国販売トップの日産が苦戦している。日産の新車販売は8万9000台で、前年同月比5.5%減となり、2カ月連続で前年を下回った。

2015年になって1月、日産の中国販売は前年同月比22.2%増と大きく伸長。しかし、2月は2.4%減、3月は5.4%減と減少。4月は19.4%減と、2ケタの落ち込み。回復となった5‐6月は0.1%増と微増。そして、7月は13.9%減、8月は5.5%減と落ち込む。2月以降は、ほぼ前年実績並みか、前年割れの状態が続き回復の見通しが立たない。有力な新型車がなく、この1~2年滞っている。日産の2014年暦年の中国新車販売は、前年比0.5%増の122万1600台だった。日産は2015年、中国で前年比6.4%増の130万台以上の販売目標を掲げている。が、この目標の達成は難しそうだ。

スズキも中国で苦しんでいる。同社の発表によると、中国での8月の新車販売台数は前年同月比33%減の1万2074台。前年実績を下回るのは、これで8カ月連続となる。なかでも、6~8月は3カ月連続で前年実績を30%以上も下回り、不振が泥沼化しつつある。スズキが得意としてきた小型車で、価格の安さで攻勢を強める中国メーカーなどに押されている。同社の今年1~8月の累計販売は13万1966台で、前年同期比21.3%減だった。主力小型車の「アルト」が落ち込んでいるほか、人気だったSUV「SX4 Sクロス」も発売から1年半以上が過ぎ、新車効果が一段落した

新型車がない三菱自動車も同様に苦戦し、8月は16.1%のマイナス、5338台だった。5カ月連続で前年割れが続く。

その一方、トヨタとホンダは前年を大きく上回った。日系自動車メーカー間で中国事業において明暗がわかれた恰好だ。トヨタやホンダは、独フォルクスワーゲン(VW)や米ゼネラルモーターズGMなどには及ばないものの、手堅く販売を拡大。8月販売はトヨタが9万4200台で前年比20%増、5カ月連続のプラス、ホンダも7万8277台、同50.7%増の6カ月連続のプラスだった。

トヨタは「カローラ」など小型車が好調で、ホンダも今年投入した新型SUVが好調。マツダの販売も堅調で、8月は1万5983台、前年比1.2%増。7カ月連続のプラスだった。(編集担当:吉田恒)

参考 Economic News 2015.09.12

【関連する記事】