2014年、中国は国内総生産(GDP)世界一

世界銀行の報告によると、中国は2014年に国内総生産(GDP)が世界一の経済大国となるとのこと。

現在、世界一の経済大国は米国(17.1%)、2位中国(14.9%)、3位インド、4位日本、5位ドイツ、6位ロシアとなっている。

現在の中国の成長力は米国をうわまわっており、インドも大躍進である。

しかし、中国の一人当たりのGDPは99位の下位グループ

参考 毎日新聞 2014.05.08

【関連する記事】