2014年→中国経済の崩壊 ?

中国18.000名の共産党幹部が海外にわたり、持ちだしたカネは、最近の推定で1兆ドル。(共産党中央規律委員会が内部で報告している数字)

貪欲な高官たちは子女を海外へ留学させ、その元へ巧妙な手段で送金を繰り返し、不動産を取得させているとのこと。

特に、近年目立つのが、ロンドン、ニューヨーク、ロサンゼロス、シドニーの高級住宅物件の購入とか?

香港の雑誌「フロンティア」は2014年に中国の経済が崩壊し2015年に共産党の秩序が破壊され2016年に社会全体が昏睡状態に陥ると報じている。

その理由として、

経済的苦境と高官らの海外逃亡とカネの逃避

不動産バブルの瓦解

シャドー・バンキングの不良債権の暴発

④地方政府の債務不履行が起こり、カネ持ちたちは国の将来に期待をよせず、高官は腐敗を止めない。

参考

2014年の「中国」を予測する

著者 宮崎正弘・石 平

発刊 ワック株式会社

【関連する記事】