2000億円の「楽器購入」は疑問

ロシアのプーチン大統領はタックスヘイブン(租税回避地)を利用して親友の音楽家らが20億ドル(約2200億円)を取引したとされる「パナマ文書」の疑惑に対して「(親友は)ロシアのために楽器を買っていただけ」と弁明した

 しかし、これを信じる国民は少ないようで、批判はさらに広がっている

 「親友を誇りに思う。副業で稼いだほぼ全額を楽器に費やし、国家に寄付した」大統領は、パナマ文書が公表されて5日目の7日、親友を通じたオフショア(非居住者向け)取引疑惑に初めて口を開いた

汚職の証拠と受け止められかねないパナマ文書について、それまで国営テレビなどに事実上の報道規制を敷いたが、インターネット上で疑惑が拡散大統領選の前哨戦となる9月の下院選前に、自ら火消しを狙った

独立系メディアは、この発言の信ぴょう性をすぐさま検証「単純計算で20億ドルあれば、平均的なピアノ約5万台、バイオリン約13万丁、チェロ148万丁、フルート139万管、ビオラ44万丁を全部購入し、お釣りで(バイオリンの名器)ストラディバリウスも2丁買える」と伝えた

有力経済紙ベドモスチ(電子版)は「2015年に輸入された楽器は(20億ドルの40分の1に当たる)総額5000万ドル弱」との統計を伝えプーチン大統領の発言に疑問を呈した

時事通信2016.04.09

 images-3-48-150x150images

【関連する記事】