20代は仕事ができないと言われるのか?

20代がなぜ仕事ができないと言われるのか、というテーマで私の持論を紹介したい。大企業であれ、中小企業であれ、20代前半で新卒で入社すると、少なくとも30歳までは、レベルの高い仕事をスムーズにこなすことは難しいだろう。壁にぶつかって、悩み、会社を辞めていく人も多い。今回は、そんな壁にぶち当たっている20代のビジネスパーソンに向けて、これまでの取材経験をもとにその処方箋について考えてみた。

1.人の話を聞かない

この場合の「人の話を聞かない」とは、「人の話を理解することができない」と置き換えてもいい。私の知る限り、ほとんどの20代社員は、上司や先輩の話は聞く。しかし、経験が浅いから、その話を隅々まで正確に理解することができないのだその「理解度」は、30~40代の中堅社員や、40代以上のベテラン社員と比べると圧倒的に低い。つまり、漠然としか理解できていないのだ。だから、上司や先輩、取引先などから何か指摘されたとしても、相手に「話を聞いていない」という印象を与えてしまう

だが、20代にも優秀な社員はいる。優秀な社員は、その漠然とした部分を上司や先輩などに聞いて確認しようとする。だが、確認しようとしても100%理解することは難しい。自分が完全に理解していないところが、どこであるのか把握できないからだ。それを把握できるようになるまでには、ある程度の経験値が必要になる

2.自分本位で仕事のしかたがめちゃくちゃ

周りに「人の話を聞かないヤツ」というイメージが浸透すると、自分本位で、めちゃくちゃな仕事をするといった印象を持たれる場合がある。もちろん、本人にそんなつもりはないのだろうが、職場では不利になる可能性が極めて高い。ましてや、経験の浅い20代のうちは「横柄だ」「謙虚さが足りない」「生意気だ」ととられることが多い

20代のうちは可能な限り、仕事を早く覚えて、一人前になる努力を重ねなければならない。そのためには、上司や先輩などの話をきちんと聞き、漠然とした部分をそのままにせず、ひとつひとつ疑問に感じたを潰していかなければならない。「人の話を聞かない」「横柄」「謙虚さが足りない」「生意気だ」とレッテルを貼られる人は、このあたりが起因しているということを覚えておきたい。それがエスカレートすると、いじめなどに発展することもある。くれぐれも注意しておきたい。

3.同じミスを繰り返す

自分本位でめちゃくちゃな仕事をしていると、同じミスを繰り返す可能性が高い。そうなると、上司などに質問をすることが、ますます億劫になる。「叱られるかもしれない」と思い、ミスを報告することにためらいを感じやすくなるのだ。皮肉なことに、もっと「人の話を聞かない」人間だと思われてしまう。この悪循環を断ち切るためには、上司の話をできるだけ理解するよう、普段から心がけなければならない。漠然としたところは、そのまま放置せず、理解できるまで聞くという習慣を身につけよう。そんな姿勢を見せるだけでも周りに好印象を与えられるはずだ

4.PDCAが回らない

本来、仕事というものは「Plan(計画)→ Do(実行) → Check(評価)→ Act(改善)」という流れを踏まえるのが基本だ。ところが、同じミスを繰り返す人は「Check(評価)→ Act(改善)」ができない。著名な人事コンサルタントを取材した時、こう話していた。仕事ができない人は「Plan(計画)→ Do(実行)」まではできるが、「Check(評価)→ Act(改善)」ができないと

本人は「Check(評価)」しているつもりかもしれないが、周囲からは、そう見えないのだ。むしろ、同じミスを繰り返し、反省もしないすると当然、「やる気のない、いい加減な奴」とレッテルを貼られてしまう。職場では「人の話を聞かない」「横柄だ、謙虚さが足りない、生意気だ」と見なされ、次第に孤立していく。パワハラもこの段階になると、エスカレートし、退職強要などにつながることもある。

最後に。20代で仕事にゆきづまった時、上の1~4までの悪循環に陥っている可能性が高い。会社の規模や業界を問わず、ほぼ該当するだろう。仕事がうまくいかないのなら、自分がどのあたりで壁にぶつかっているのか、振り返ってみよう。「会社が悪い」「上司がダメだ」と嘆く気持ちもわからないではないが、まずは、自分を変えることのほうが先決だ。以前、本連載でも、会社員の人生は30歳前半で決まる、人材としての値打ちがほぼ決まる、と書いたことがあるが、20代のうちはとにかく前向きに、積極的に仕事に取り組むこと。上司も先輩も取引先も、見ている人は見ているという言葉の意味が、次第にわかってくるはずだ

参考 @DIME 2015.06.10

【関連する記事】