20代の94%がLINEを利用

20代の94%が「LINE」を利用している一方、30代では「Facebook」、40代では「Twitter」のり用率が高いことが、ADDIX(本社・東京)の調査で分かった。調査は今年5月、デジタルマーケティングを手がける同社のサイト会員である、20~40代の女性250人に対してウェブアンケートで実施。LINEの利用率は20代では94%、30代で73.9%、40代で50.6%だった。若いほど利用率が高く、年齢別の差が顕著だ

20代ではそもそも「SNSを使っていない」人の割合が2%で、ほぼ全員がSNSを利用している30代でも「利用していない」と回答したのはわずか6.3%。一方、40代では様相が異なり、約5人に1人(20.2%)が「SNSを利用していない」と答えた。ADDIXでは、企業などが「SNSをマーケティング戦略に組み込む場合、40代以上をターゲットとする商品では、他の既存媒体とミックスして行うなどアプローチを変える必要がある」とコメントしている。年代によって、最も利用されているSNSも異なる。20代では「LINE」が94%で1位だったが、30代では僅差で「Facebook」(74.8%)、40代では「Twitter」(58.4%)が1位だった

各SNSでの「企業やブランド、ショップなど」のフォロー状況をたずねたところ、全体の4分の3弱が「何らかの企業やブランド、ショップなどをフォローしている」と回答。フォローに使っているSNSについては、「Facebook」でのフォローが全回答者の51.6%で最高となった。次いで「Twitter」45.2%、「LINE」40.8%となっている

今回調査では、全体の約7割がLINE利用者であることが分かったが、そのうち84.5%が「LINEスタンプ」を手に入れるために「LINE公式アカウントと友達になったことがある」と回答。年代別では、20代の9割近い87.2%が「ある」と答えており、際立っているが、30代でも84.1%、40代でも82.2%が、スタンプを手に入れるために「公式アカウントと友達になったことがある」と回答した。

一方、「LINEスタンプを手に入れるために、何らかの商品を購入したことがある」割合は、全体の約4人に1人にあたる24.1%と少ない。年代別では、意外と言うべきか、LINEを最も使いこなしている20代で「購入したことがある」の割合が最も低かった(17%)。これに対して、30代では28%、40代では24.4%が「ある」と回答。商品購入に至る割合は低いものの、企業の情報発信ツールとして、LINEに代表されるSNSは、今後ますます存在感を増していくと考えられる。(編集担当:北条かや)

参考 Economic News 2015.07.20

【関連する記事】