20代のウエストは昔より太くなった

今の20代のウエストは昔より太くなった?

肌の露出も増え、水着を着る夏がやってきます。その前に気になるのが、やはり水着に似合う体型。アンケートによると、体重の変化を感じる年代は約65%が20代から。最も気になる部位は、お腹まわりという結果に。(マイナビニュースウェブアンケート2015年5月実施 対象:女性会員500名)プロポーション作りの株式会社ダイアナは、2010年から5年に渡り、20代女性26,811名の各部位を計測したデータを、発表しました。
あなたのウエストは平均以下?それとも平均以上?

 

20代女性のウエスト平均

体型変化が気になっても、実際に何か対策をしている人は24.6%と、意外と少ない結果に。ガリガリのモデルは起用しないなど、女性の細身体型が世界的に社会問題になっているのとは裏腹に、忙しい毎日に追われているせいか、なかなか対策が打てていないのが現実のようです。まわりの人より細いか、太いか、気になってしまいます。
身長、体重、各部位の測定結果の平均を見てみましょう。

 

調査結果 (2010年~2015年 20代女性26,811名)

20代ウエスト平均

 

いかがでしょうか。メジャーを取り出して、チェックするのも怖いですが、自分の体型の現状を知ってみるのも、良い機会ではないでしょうか。

 

ちなみに、メタボリックシンドロームと診断するウエストサイズは、女性は90cm以上となっています。男性は85cm以上で、女性も男性も内臓脂肪面積が100平方センチメートルに相当します。診断値が男性のほうが小さい理由は、女性は皮下脂肪が多いためです。(厚生労働省「メタボリックシンドロームを予防しよう」監修:財団法人循環器病研究振興財団より)

 

10年前と比べてみると…

1994年から1998年の5年間62,926名を調査した、同様の計測結果もあります。ちょうど今の40代女性です。比較してみると、今の20代女性よりウエストは1.43cm細かったそうです
今は体型をカバーするアイテムが増えていますが、当時の流行のファッションは、ボディコンやヘソ出しなど、今より体にフィットする服装が流行っていたから、より体型に気を遣っていたとも、考えられます

 

本気のくびれを目指すには!

下着メーカーやエステサロンで使われている、理想のプロポーションの黄金比があります。ワコール人間科学研究所が1995年発表した、一人ひとりの女性が自分自身の個性的な美しさを引き出すための「ものさし」です。体重にとらわれることなく、見た目の美しさを提唱しています

 

厚みのバランス

横から見て、ウエスト幅を1とした場合、バスト=1.3、ヒップ=1.3、背中のくびれ=1/3、バストが一番突き出ている状態

横幅のバランス

正面から見て、ウエスト幅を1とした場合、肩幅=1.6、乳頭間=0.8、ヒップ=1.4

高さのバランス

正面方見て、バストの高さは、肩とウエストの中間(1:1)、ヒップの高さは肩とウエストの幅の1.2(肩かたバスト:バストからウエスト:ウエストからヒップ=1:1:1.2)

 

このバランスを自分で調べるには、全身が映る鏡や、全身が写っている写真を使うと簡単です。バスト、ウエスト、ヒップ、肩幅、肩甲骨からヒップ、それぞれラインを引いて、定規で何センチか書いていきます。その比率のバランスが、現状のプロポーションです。

海やプールに誘われたけど、水着が着れない!と嘆く前に、今から鏡の前で一度チェックしてみては

参考 Mocosuku Woman 2015.06.18

【関連する記事】