20・30代→脱韓国

私たちはこう学んだ。愛国心はいかなる価値より大切なものだとしかし時間が流れるほどに疑問を感じる私が暮らすこの国は果たして愛するだけの価値がある所なのか。特にこの頃の若者世代の中でそのような疑いを持つ者たちが増えている就職も結婚もマイホーム取得も大変な韓国の地で、これ以上耐えるのが困難だという愚痴があちこちからあふれ出ている

最近出てきたチャン・カンミョン作家の小説『韓国が嫌で』は韓国での人生に疲れて結局は豪州に渡ってしまった主人公ケナの話を扱っている。若者リポートチームは現実の中のケナ“たち”に会ってインタビューした。今、韓国の一部の若者たちはなぜ韓国を離れたがるのだろうか。小説『韓国が嫌で』の主な部分と共に、韓国を離れたり離れたがっていたりする若者5人のインタビューを再構成した

#韓国が嫌になった

なぜ韓国を離れたか。二言で要約すれば『韓国が嫌で』でしょ三言にすれは『ここでは耐えられなくて』。むやみに罵らないでほしい自分が生まれた国でも嫌になる可能性はあるでしょう」。(『韓国が嫌で』、10ページ)

「韓国には確実なビジョンがないから。名門大学を出たわけでもなく、家もひどく貧しくて、それでも私が女優キム・テヒのように美人でもなくて。私がこのまま韓国でずっと生きていたら、将来は地下鉄を歩き回って紙くず拾いをしなければ」(44ページ)

ここに、『韓国が嫌で』の主人公ケナのように韓国をすでに離れたり離れたがったりしている5人の若者がいる。その面々から紹介しておく。匿名希望のためニックネームで呼ぶことを了承いただきたい。

?カンガルー会計士:29歳男性。就職面接で相次ぎ落ちた韓国では就職がなぜこんなに大変なのだろうか

?ドイツ工科大女子:28歳女性。昨年初めに韓国を離れてドイツに定住

?ワーキングガール:26歳女性。豪州で1年間のワーキングホリデーを過ごした。英語を懸命に勉強していつかは永遠に韓国を離れるつもりだ

?一生社長:27歳男性。豪州でサービスと清掃の仕事をした。一生サービスをするわけにいかず、いったん韓国に戻ってはきたが…。

?ひたすら無計画:23歳女性。米国のルームメートの自由な生活を見ながら外国生活に憧れた

カンガルー会計士は、小説の中のケナのように韓国を離れ3カ月前に豪州に渡った永住権を取得するために大学院で会計学を勉強し、小説の中のケナの軌跡をそのままたどっている。彼は「セウォル号事件が韓国を離れた決定的なきっかけ」だと言った

「この国は私に何かが起こっても、私のことを見てはくれないだろうと思いました。被害にあった時に“乙”の位置にいたら終わりだなという感じがしました」

父と同じ生活を送りたくない」という考えもあった「一生をすべて捧げて残ったのは家1軒と子供なのに子供まで見送ったら残りの父の人生は何なのか」と言った

今度はドイツ工科大女子(28、女性)の理由を聞いてみよう。彼女は1年間のカナダ語学研修後、韓国に適応するのに困難を経験した結局は昨年初めにドイツに発って情報通信(IT)企業で働いているまた戻るつもりはない

韓国社会は自身と違っていたり弱い立場だったりすると、とても攻撃的に接するでしょう。セウォル号事態のようなことが起こった時、リボンの写真をフェイスブックに上げて追悼する雰囲気に従わなければおかしな人になる、そんな雰囲気。韓国の集団的な文化が苦しかったのです」。

ドイツ工科大女子は韓国社会に蔓延する性別主義(Sexism)に対しても声を高めた彼女は「韓国では『女は女らしく、男は男らしく』という話を簡単にする」として「配慮がなくて多様性に無関心な雰囲気に耐えられなかった」と語った

参考 中央日報 2015.06.24

【関連する記事】