2倍かかりやすい!→糖尿病患者の歯周病

糖尿病の人は歯周病になりやすい

歯周病と糖尿病は全く違った症状が発生します。しかし、以前から歯周病は糖尿病の合併症の一つであると言われてきました。それはなぜなのでしょうか。歯周病と糖尿病の関係として以下のことがあげられています。

・糖尿病の人が歯周病である確率は通常の人に比べ約2倍

・糖尿病患者は歯周病が重症化しやすい傾向がある

・糖尿病の罹患期間が長い人ほど歯周病の罹患率が高い

・血糖値がよくない人ほど歯周病が重症化しやすい

・歯周病が重症化しているほど血糖値がよくない

・歯周病の人は糖尿病でなくても糖尿病の危険があることが多い

糖尿病の人が歯周病をしっかり治療をすると血糖値が改善される

以上の事から、歯周病と糖尿病は何らかの繋がりがあると見ることができます。

現在、両者の因果関係については、まだはっきりとは分かっていません。

しかし、相関関係として疑われている要素は多々あります。例えば、糖尿病の症状として口の中が渇きやすくなるため、歯周病の菌が繁殖しやすく歯周病になりやすいということ。そして、高血糖である糖尿病は唾液や滲出液の糖分濃度が高くなるため、歯周病の菌が繁殖しやすくなることなどが考えられています。また、歯周病と糖尿病はどちらも生活習慣が原因の病気ですので、生活習慣を見直すことが予防に繋がると言えるでしょう

歯周病と血糖値の関係

歯周病が進行した人ほど血糖値が悪いと言われています。高血糖の状態によって歯周病菌が増える理由について、以下のようなことが挙げられます。

(1)口の中が乾燥する

高血糖の状態は、浸透圧の関係で尿が多く出ます。これにより体内の水分が減少すると共に唾液の分泌量が減り、喉や口が渇くという症状が発生します。そして、口の中が乾燥することによって、歯周病の原因となる菌が繁殖しやすくなります

(2)細菌に対する抵抗力が低下する

高血糖の人は、細菌に低抗する好中球(こうちゅうきゅう)の働きが低下していることが明らかになっています。これにより感染症になりやすくなり、歯周病になる可能性が高くなります

(3)唾液などの糖分濃度が高くなる

唾液や歯肉からの滲出液は血液から作られています。このため、高血糖の人は唾液や滲出液の糖分の濃度が高くなります。この結果、歯周病の菌が繁殖すると考えられています。

(4)組織の修復力が低下する

血糖値が悪い状態では、組織を修復する働きが低下することが分かっています。糖尿病で歯周病の進行が早くなるのは、これが影響していると考えられています。

高血糖は口の中の環境にさまざまな悪い影響を及ぼします。これにより糖尿病になると歯周病になりやすいと言われています。しかし、糖尿病であっても血糖値をしっかりと管理することが出来れば、歯周病をある程度防ぐことは可能です

3ea4b63dbc53f62eecd2eec44058b6452015.08.03

images-3-48-150x150images

【関連する記事】