100万件→白内障手術の最前線

最近「光がまぶしく感じる」「かすんで見える」「眼鏡が合わなくなった」といった症状はありませんか? それは、もしかしたら「白内障」かもしれませんカメラのレンズのような役割をしている目の水晶体が白くにごってくる病気で、老眼と共に誰にでも起こりうる加齢現象の一つです世界で最も手術件数が多いと言われ、日本でも年間約100万件の手術が行われる白内障。自分や家族が治療を受ける日が、遠くない未来にやって来るかもしれません。南青山アイクリニック(東京都)の三木恵美子医師に、治療や注意点について聞きました。

60代で7~8割、80代はほぼ全員が発症

水晶体がにごるのは、加齢や紫外線などによる酸化で水晶体を構成するたんぱく質の性質が変化することが主な原因と考えられています白内障の発症年齢にはかなり個人差がありますが、初期の混濁も含めた有病率は、60代で7~8割、70代で9割、80歳以上でほぼ100%という報告があります早い人は40~50代で症状が出始めます。読書や運転、外に出かけた際に、違和感があって気付く人もいますが、徐々ににごってくるので気付かない人も多いのです。

主な原因は加齢ですが、その他に先天性のものや、他の目の病気に続いて起こるもの、外傷によるものなどもあります。初期であれば、薬によって進行を遅らせられる場合もありますが、完全に治すことはできません進行すると視力が低下し、黄色や茶色くにごってきて、サングラスをかけたような見え方になることも放置しておくと失明することもあります。40歳を過ぎたら、定期的に目の詳しい検査をすることが大切です。

手術時間は約30分、日帰りも可能

白内障の治療の基本は、にごった水晶体を取り除いて人工の眼内レンズを入れる手術です手術で角膜の周りを切開し、水晶体を超音波で砕き、吸引して取り出します。そして、水晶体を包んでいた袋「水晶体のう」に、眼内レンズを入れます多くの人は20~30分で終わり、日帰りすることができるので、比較的安全性の高い手術と言えるでしょう。70~80代で手術を受けられる方が多いのですが、中には90代の方も。ただ、患者さんによっては、加齢で水晶体が硬くなったり、水晶体のうに癒着している場合など、手術のリスクが高くなることもあります。また、網膜の病気や緑内障などを併発している人は、手術を受けても視力が回復しないこともあるので、事前に検査し、手術を勧めないケースもあります。

最新眼内レンズは老眼や乱視も矯正

現在では、さまざまなタイプの眼内レンズが登場しています白内障の手術の際にそれらの眼内レンズを入れることで、老眼や乱視、近視、遠視を矯正できるようになってきました。眼内レンズには大きく分けると、1カ所にピントが合う「単焦点眼内レンズ」と、遠くや近くなど、複数箇所にピントが合う「多焦点眼内レンズ」があります。それぞれにメリットとデメリットがありますので、表にまとめました。

さらに、一人一人の目に合わせて作成し、乱視も矯正できるオーダーメードの多焦点眼内レンズもあります。また、一方の目は遠く、もう片方は近くを見えやすいように度数に差を付けた単焦点眼内レンズをそれぞれ入れて、両目で遠くも近くも自然に見えるようになる「モノビジョン」を選択する人もいます

安全性が比較的高いとはいえ、外科手術ですから合併症が起こることもあります。術後の合併症で最も多いのは「後発白内障」と言われるもので、水晶体のうが術後1、2年でにごって視力が低下してくる合併症です。この場合、レーザーでにごった部分を取り除く手術をします。その他、目の中に細菌が入り、感染症を起こす「術後眼内炎」がまれに起こることもあります。リスクも含めて、事前に医師からしっかりと説明を受けてください

点眼で白内障が治る?

今年7月、英科学誌ネイチャーが手術をせずに点眼薬で白内障を治す可能性を示した論文を掲載しました。論文によると、先天性白内障の患者の遺伝子に、水晶体に元々存在するステロイドの一種「ラノステロール」の生成を阻害する変異がみられることを発見水晶体のたんぱく質が凝集するのを防止できる効果が、ラノステロールにあると推測しました。そして、白内障の犬にラノステロールを含む点眼薬を6週間投与したところ、白内障の重症度が軽減し、水晶体の透明度が増したとしています。先進国では失明にまで至る人は減ったとはいえ、現在も人類の失明の主な原因は白内障ですから、さらなる研究の発展が期待されます。ただ、本当に人間の進行した白内障にも効果があるかなど「まだよく分からないな」という印象を持ちました。

診察していると、見た目や気持ちが若い人は、白内障もあまり進んでいないことが多いような気がします。白内障は加齢現象の一つなので予防は難しいですが、抗酸力のある食べ物をバランスよくとり、定期的に運動するなど、全身のアンチエイジングを心がけることによって、発症や進行を遅らせる効果が期待されます。また、はっきり言えるのは、紫外線は避けた方がいいということです。白内障だけでなく、紫外線は加齢黄斑変性など眼底の病気にも影響します。夏場、日差しが強い日は特に、サングラスやUVカット効果のある眼鏡をかけてください。

参考 YAHOO!ニュース2015.09.06

【関連する記事】