1歳にもならない娘の頭を畳に

2015年7月14日、中国のインターネット上にこのほど、日本の教育に関する文章が掲載された

中国では日本人の素養が高いことがたびたび取り上げられ、その理由として幼少期からの教育を挙げることも多い。今回掲載された文章では、中国人教授が日本での体験を語っている。

ある朝、私は通学中の女の子と出くわした。彼女は5メートル離れたところから「こんにちは!」と私に向かって大きな声であいさつした。すると、後から来た彼女の姉が「すみません、妹の声が大きくて」と言ったマナーを育む様子は、日本人の生活のあちこちに見られる

別の日、日本の友人と会ったときに、彼女の1歳にもならない娘におもちゃをプレゼントした彼女はすぐに娘にお礼を言うように促し、娘の頭を畳に押し下げた私は慌てて「大きくなってから教えても遅くないでしょ」と制止した。しかし友人は、「早いうちから教えた方が良いのよ大きくなってからじゃ不自然になるでしょ」と言った

エレベーターでも日本の子どもは自分から「何階ですか?」と聞き、ボタンを押してくれる。先に降りるときはあいさつも欠かさない中国の子どもはこれほど礼儀正しくはない。これは、中国の学校のマナー教育が上辺だけであることと関係があるだろう

参考 Record China  2015.07.17

 

【関連する記事】