AIIBへの出資→中国最大50%可能性

中国の朱光耀・財務次官は17日、ワシントンで講演し、アジアインフラ投資銀行(AIIB)への出資比率について、創設メンバー間の覚書で、アジア域外国の出資比率を25~30%とすることが決まったと明らかにした

中国を始めとするアジア域内の出資比率は、残る70~75%となる。中国は、最大50%を出資する可能性がある

AIIBの創設メンバーは、アジアのほか、中東、欧州など世界57か国からなる

参考 読売新聞  2015.04.18

【関連する記事】